テロ・ピトカマキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テロ・ピトカマキ Portal:陸上競技
Osaka07 D9A Tero Pitkämäki.jpg
2007年世界選手権の際のテロ・ピトカマキ
選手情報
フルネーム テロ・クリスティアン・ピトカマキ
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
種目 やり投
生年月日 1982年12月19日(31歳)
生誕地 南ポフヤンマー県イルマヨキ
身長 193cm
体重 85kg
自己ベスト やり投 : 91m53(2005年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

テロ・クリスティアン・ピトカマキTero Kristian Pitkämäki, 1982年12月19日 - )は、フィンランド南ポフヤンマー県イルマヨキ出身のやり投選手。ノルウェーのやり投選手のアンドレアス・トルキルドセンとは非常に親しい反面、競技においてはライバルとして知られている。

経歴[編集]

2004年のアテネオリンピックにおけるやり投競技に参加したものの83m01に終わり第8位だった。2005年8月には91m53の記録を出し、母国であるフィンランドのヘルシンキで行われる世界選手権への出場を決めた。しかし本番では本来の結果が残せず81m27の4位だった。最初にメダルを獲得できたのは2006年イェーテボリで行われたヨーロッパ選手権での銀メダルだった[1]

2007年7月13日にはスタディオ・オリンピコ・ディ・ローマで開催されたIAAFゴールデンリーグに参加した。この大会で彼が投げた槍が大きく左にそれてしまい、走幅跳のウォーミングアップエリアにいたフランスサリム・スディリの脇腹に突き刺さってしまう事故が発生した。大事には至らなかったもののスディリは地元の病院へと搬送された[2] 。同年8月5日には89m43を投げてフィンランドの国内選手権の4連覇を達成した。同じ9月には大阪で行われた世界選手権に参加し、89m16を投げた。金メダルが確定した後の最後の投てきにおいては90m33の記録を出すことに成功した。

そして10月5日にはヨーロッパ陸上競技連盟によってクロアチアブランカ・ブラシッチと共に欧州陸上競技年間最優秀選手に選ばれた。彼のシーズン11勝の記録やそ91m23のその年のヨーロッパ記録を打ち立てたことなどが要因になったといわれている[3]。さらに10月にはフィンランドスポーツマンオブザイヤーに選ばれた。F1チャンピオンとなったキミ・ライコネンを抑えて、クロスカントリースキーチャンピオンのビルピ・クイトゥネンと共に受賞した[4]

主な成績[編集]

年度 大会 場所 結果 記録
2004 オリンピック アテネギリシャ 8位 83m01
2004 ワールドアスレチックファイナル モンテカルロモナコ 5位 78m50
2005 世界選手権 ヘルシンキフィンランド 4位 81m27
2005 ワールドアスレチックファイナル モンテカルロモナコ 1位 91m33
2006 ヨーロッパ選手権 ヨーテボリスウェーデン 2位 86m44
2006 ワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 2位 88m25
2007 世界選手権 大阪日本 1位 90m33
2007 ワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 1位 88m19
2008 オリンピック 北京中国 3位 86m16
2008 ワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 3位 81m64
2009 世界選手権 ベルリンドイツ 5位 81m90
2009 ワールドアスレチックファイナル テッサロニキギリシャ 2位 84m09
2010 ヨーロッパ選手権 バルセロナスペイン 3位 86m67
2011 世界選手権 大邱韓国 予選9位 79m46

記録[編集]

  • やり投 - 91m53 (2005年6月26日、世界歴代7位)

脚注[編集]

外部リンク[編集]