ソンミ村虐殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯15度10分42秒 東経108度52分10秒 / 北緯15.17833度 東経108.86944度 / 15.17833; 108.86944

ソンミ村虐殺事件
My Lai massacre woman and children.jpg
虐殺直前のソンミ村の婦女子
各種表記
クォック・グー Thảm sát Mỹ Lai/thảm sát Sơn Mỹ
漢字・チュノム 惨殺美萊/惨殺山美
北部発音: タムサット・ミーライ/タムサット・ソンミー
テンプレートを表示

ソンミ村虐殺事件(ソンミむらぎゃくさつじけん、英:Son My massacreMy Lai Massacre)は、ベトナム戦争中の1968年3月16日アメリカ軍兵士がクアンガイ省ソンミ村(現:ティンケ村[1])で非武装のベトナム人住民を虐殺した事件。ソンミの虐殺はベトナム反戦運動のシンボルとなり、また国外でも大きな批判の声が起こってアメリカ軍が支持を失うきっかけとなった。

事件概要[編集]

1968年3月16日に、南ベトナムに展開するアメリカ陸軍のうち第23歩兵師団第11軽歩兵旅団・バーカー機動部隊隷下、第20歩兵連隊第1大隊C中隊(機動部隊には他に第1歩兵連隊第3大隊所属のA中隊と第3歩兵連隊第4大隊所属のB中隊、そして砲兵部隊があった)の、“意地悪カリー”ウィリアム・カリー中尉率いる第1小隊が、南ベトナム・クアンガイ省ソン・ティン県にあるソンミ村のミライ集落(省都クアンガイの北東13km 人口507)を襲撃し、無抵抗の村民504人[1](男149人、妊婦を含む女183人、乳幼児を含む子ども173人)を無差別射撃などで虐殺した。集落は壊滅状態となった(3人が奇跡的に難を逃れ、2008年現在も生存している。最高齢者は事件当時43歳)。

さらにC中隊が何ら抵抗を受けていなかったにもかかわらず、B中隊が増派され、近隣の村落で虐殺を行っている。

この際、ヒュー・トンプソン・ジュニア准士官が操縦するOH-23偵察ヘリコプターが村落上空を通りがかり、多数の死者と民間人への攻撃を目撃した。彼は上官への報告・救助ヘリの派遣要請・生存者の救出を行い、さらにC中隊の狼藉を止めさせようと妨害を試みている[1]

報道[編集]

当初は村民に対する虐殺ではなく「南ベトナム解放民族戦線ゲリラ部隊との戦い」という虚偽の報告がなされたが、翌1969年12月に、フリーランスジャーナリストシーモア・ハーシュが『ザ・ニューヨーカー』で真相を報じたり、ライフ誌の報道などでもアメリカ軍の歴史に残る大虐殺事件が明らかになった。ハーシュの記事は「My Lai 4: A Report on the Massacre and its Aftermath」としてまとめられ、1970年ピューリッツァー賞を受賞した。これは日本でも同年にベトナムに平和を!市民連合の活動で知られる小田実によって、『ソンミ―ミライ第四地区における虐殺とその波紋』の題で邦訳された。

この虐殺事件は、現場に居合わせた複数のアメリカ軍兵士から軍上層部に報告されていたものの、軍上層部は、世論を反戦の方向へ導く可能性が高いことなどから事件を隠蔽し続けた。

軍事法廷[編集]

なお、1970年に開かれた軍事法廷でこの虐殺に関与した兵士14人が殺人罪で起訴されたものの、1971年3月29日に下った判決ではカリーに終身刑が言い渡されただけで、残りの13人は証拠不十分で無罪となった。また、カリー自身もその後10年の懲役刑に減刑された上、3年後の1974年3月には仮釈放される。陸軍のこの不可解な処置は世界中から大きな非難を浴びた。虐殺計画は掃討作戦決行の前夜に決定された既定事項で、C中隊指揮官のアーネスト・メディナ大尉が主張したものであるという。

その後[編集]

事件から40年経った2008年3月16日、事件現場跡に建てられた記念館にて追悼式典が開かれ、事件の生存者や元アメリカ軍兵士、地元住民が参加した[1]

カリーは仮釈放後、マスコミの取材に応じることはなかったが、41年経った2009年8月19日ジョージア州コロンバスで開かれた奉仕活動団体の昼食会に出席し、事件について口を開き、謝罪した[2][3]。これに対し、3人の生存者の一人で犠牲者追悼活動を続けるパン・タン・コン(ティンケ村記念公園博物館長、事件当時10歳。家族を皆殺しにされ孤児となった)は23日、「謝罪は無いものと思っていた、あまりにも遅くて驚いたが、犠牲者を代表して受け入れたい」「カリー氏にはベトナムに来て、当時とその後40年の思いを語ってほしい」と述べている[4]

事件の画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]