スワン (ブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スワン
ジャンル アダルトゲーム
企業名 有限会社アセンドアイ
関連ブランド NOIR, アクアハウス
審査 映像倫(2010年まではCSA
主要人物 文月紫、南条巴、月待兎
デビュー作 姉妹えっち 〜俺が教師で兄で他人で〜
2006年11月24日
最新作 処女卒業っ! 〜私で童貞捨てませんか?〜
2012年3月30日
公式サイト SWAN Official Website
スワンマニア
ジャンル 低価格ブランド(フェティシズム系)
デビュー作 俺の手でイけ 〜痴漢の日々〜
2006年12月8日
最新作 ロリぽこ 〜中出し妊娠させ放題〜
2012年9月28日
スワンアイ
ジャンル フルプライス作品
デビュー作 孕ら☆ハラっ!! 〜中出し学園せ〜かつ〜
2007年6月29日
最新作 リア充爆発しろ! 〜変身能力手に入れたんだけど質問ある?〜
2013年1月25日
黒鳥
ジャンル フルプライス作品(鬼畜・陵辱系)
デビュー作 牝辱の穴ウメ 〜学園報復戦争〜
2011年6月24日
最新作 お前は獣人肉便器 〜タネヅケ無限ループ〜
2013年3月29日
テンプレートを表示

スワン(SWAN)は、日本の企業・有限会社アセンドアイのアダルトゲームブランドである。

概要[編集]

1995年有限会社サイ・メイト(SAI-MATE, Ltd.)として創業し、セガサターン対応のコンシューマーゲームを開発していたが発売は『パップ・ブリーダー』と『闘龍伝説エランドール』(アーケード版テクモ販売)の2タイトルに留まった。サイ・メイトの所属スタッフは1999年に系列企業・アクアハウス[1]へ移り、アダルトゲーム開発が主体となる。その後、2006年にアクアハウスが活動を休止したことに伴い同社の所属スタッフの大半が休眠状態であったサイ・メイトへ移籍し、同年8月22日付でサイ・メイトの社名をアセンドアイへ変更すると共に新ブランド・スワンを立ち上げた。

フルプライス3ブランドと低〜中価格帯3ブランドの計6ブランドを有しており、チーム制ではなく作品のシチュエーション別にブランドを使い分ける形となっている。また、2009年12月7日に設立されたiSWANではiOSiPhone/iPod touch/iPad)およびAndroid対応アプリケーションを開発・販売しているが、同ブランドでは年齢制限の掛かる性表現を含む作品は発売されていない。

スワンアイの第3作『孕ら☆みん!!』の登場人物である相原愛璃が系列ブランド全体における事実上のマスコットキャラクターとなっている。

特徴[編集]

有限会社アセンドアイ
Ascend eye Ltd.
種類 特例有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
110-0012
東京都台東区竜泉1丁目18番地10号
龍泉野口マンション301号室
設立 1995年10月5日
業種 ソフトウェア業
事業内容 ゲームソフト開発・販売
資本金 700万円
関係する人物 李KPA(旧サイ・メイト創業メンバー)
外部リンク SWAN Official Website
特記事項:創業時の社名は有限会社サイ・メイト
テンプレートを表示

スワニメーション(SwAnimation)と呼ばれるアニメーションを用いた演出を重視している。低価格ブランドのタイトルでは原則として近作や次回作のプロモーションムービーがエクストラモードで2本収録されており、初期のフルプライス作品では低価格ブランドのタイトルを含めた全作品のムービーが収録されていた。2010年以降に発売された低価格ブランド発売タイトルではプロモーションムービーが作成されていないタイトルもある。

初期のスワンアイ作品は、ダウンロード販売の開始に際してパッケージ版(販売協力・ホビボックス)の内容に立ち絵鑑賞モードと壁紙作成モードを追加した「特別版」仕様となっている。フルプライス作品のダウンロード販売は2009年より開始されたが、2010年以降はフルプライス作品についても低価格タイトルと同様の扱いとなりパッケージ版と同日にダウンロード販売を開始するようになった。

妊婦属性へのこだわり[編集]

フルプライスのスワンアイおよびスワンアイ+作品では「孕ませ」を売りにしたタイトルが多く、2008年発売のスワンアイ第4作「孕ら☆カノ!!」以降は妊婦属性に特化した「ボテもえ」ブランドを自称するようになっている。また、スワンアイ作品の大半で主人公の実母及び実姉妹が近親相姦の関係を持ち、主人公の子供を妊娠するシチュエーションが含まれる点も大きな特徴である。スワンアイの「ボテもえ」路線は2008年後半より低価格ブランドのスワンやスワンマニアにも波及し、この時期以降の発売タイトルではほとんど全作品でヒロインが主人公の子供を妊娠する描写が含まれるようになっていたが2011年以降は必ずしもこの傾向に当てはまらないタイトルも発売されている。

スワン、スワンマニア、スワンアイおよびスワンアイ+の作品では強姦輪姦などの不本意な性行為が描かれることは稀であり[2]、登場するヒロインは概して主人公と性的関係を持って子供を妊娠することに積極的である。スワン作品においてはほとんどの場合、妊娠が肯定的に描写されており経済的理由(孕ら☆みん!!)や近親相姦の結果の妊娠(孕ら☆ちゅちゅっ!!)において中絶の可能性が示唆される場合も稀に有るが、実際に中絶へ至る展開は皆無である。ブランドカラーとして鬼畜・陵辱をメインに打ち出している黒鳥はこの限りではなく、ヒロインが強姦によって望まぬ妊娠をしたり複数の男に輪姦され父親不明の子供を妊娠する陰鬱な描写も見られる。

なお、低価格ブランドのダークスワンから発売されたタイトルに関してはヒロインが妊娠・出産に至る描写自体が存在しない。

主なスタッフ[編集]

専属・外注の別は不明。

シナリオ
  • 南条巴
  • 月待兎
  • 神城綾斗
原画
  • 文月紫 - スワンアイの全作品で原画を担当。
  • 鬼MAYUGE - 黒鳥の全作品で原画を担当。
  • 梅田かしこ
  • くるみみかん
  • 桃竜
  • 越後雛
  • 涼平りょうへい
音楽
  • Arp
  • ジン

作品リスト[編集]

2006年から2010年までに発売されたタイトルはコンテンツ・ソフト協同組合(CSA)メディア倫理委員会(メディ倫)、2011年以降のタイトルは映像倫理機構の審査を受けている(iSWANのアプリは除く)。

フルプライス[編集]

パッケージ版とダウンロード版の発売日が異なる場合は両方の発売日を記載する。

スワンアイ[編集]

スワンアイ(SWAN EYE)は低価格版の基幹ブランド・スワンの上位ブランドだが、ほとんどのタイトルでヒロイン全員が主人公の子供を妊娠し臨月間近の状態で性交する描写(いわゆる「迎え棒」)が含まれるのが特徴である。全タイトルとも文月紫が原画・キャラクターデザインを担当している。『ひとづままん!!』まではCSA、『SEX戦争』以降は映像倫審査。

タイトル 発売日 備考
パッケージ版 ダウンロード版
孕ら☆ハラっ!! 〜中出し学園せ〜かつ〜 2008年6月29日 2009年10月16日[3]
しる☆シルっ!! 〜潮吹きお嬢様はHすぎますっ〜 2008年11月16日 2009年11月20日[3]
孕ら☆みん!! 〜催眠中だし子づくり宣言〜 2008年5月30日 2009年12月25日[3]
孕ら☆カノ!! 〜あの娘とラブラブ孕ぼて性活〜 2008年10月24日 2010年3月19日[3]
孕ら☆ちゅちゅっ!! 〜咬めばあの娘もHな天使〜 2009年3月27日 2010年4月23日
ひとづままん!! 〜孕んだくノ一妻みごろ〜 2009年8月28日 2010年5月14日
SEX戦争 〜愛あるエッチは禁止ですっ!〜 2012年8月31日
リア充爆発しろ! 〜変身能力手に入れたんだけど質問ある?〜 2013年1月25日

スワンアイ+[編集]

2009年に新設されたスワンアイ+(SWAN EYE Plus)はマニアックな描写を売りにしており、低価格版のスワンマニアに対する上位ブランド的なポジションに置かれているが現在は事実上、スワンアイへ再統合された状態となっている。全タイトルともCSA時代の審査。

タイトル 発売日 備考
パッケージ版 ダウンロード版
ままん教室 〜未来のHなお勉強〜 2009年10月30日 2010年6月4日
ひめ恋☆ふぇち恋 〜あの娘の性癖に異常アリ!〜 2011年10月29日 ダウンロード版限定仕様アリ[4]

黒鳥[編集]

2011年に新設された黒鳥(こくちょう)は、かつて低価格ブランド・ダークスワンが手がけていたハードな陵辱描写をメインとする。全タイトルとも鬼MAYUGEが原画・キャラクターデザインを担当している。全て映像倫の審査。

タイトル 発売日 備考
牝辱の穴ウメ 〜学園報復戦争〜 2011年6月24日
肉欲接待プロデュース 〜穴がブッ壊れるまで使ってやる〜 2011年9月30日
濁悪催眠180秒 〜目が覚めたら非処女になっていた〜 2012年2月24日
NTR48 〜俺の家族が寝取られるまでの48日間〜 2012年6月29日
ムスメ生存遊戯1/5 2012年11月30日
お前は獣人肉便器 〜タネヅケ無限ループ〜 2013年3月29日

低価格・ミドルプライス[編集]

発売日はパッケージ版・ダウンロード版とも同日。

スワン[編集]

スワン(SWAN)は低〜中価格帯タイトルの基幹ブランドで、ブランドカラーは「純愛系」とされている。2010年は新作発売が無かったが、2011年より活動を再開した。

フルプライス作品のファンディスクも本ブランドより発売されている。和姦や甘やかせ系のヒロインがメインとなっており、ブランドの立ち上げ当初は特に「孕ませ」を強調した路線ではなかったが上位ブランド・スワンアイや姉妹ブランド・スワンマニアからの影響もあるためか、2009年以降の発売タイトルでは本ブランドでもヒロインが妊娠する描写が多用されている。但し、妊娠中の性交を伴う描写はスワンアイやスワンマニアに比べると少なめである。『桃色調教』まではCSA、『孕ら☆パラっ!!』以降は映像倫の審査。

タイトル 発売日 備考
姉妹えっち 〜俺が教師で兄で他人で〜 2006年11月24日
俺の彼女はロリで巨乳で秋葉系 2007年1月12日
ゆ〜わく恋愛 〜実は巨乳でムチムチで〜 2007年2月16日
ねえ・姉パラダイス 〜俺と姉ちゃんの甘甘生活〜 2007年8月24日
おっぱいナース! 〜白衣の搾乳病棟〜 2008年2月29日
ら・ぶ・ら・ぶ調教 ふたご姉妹 2008年3月27日
おっぱいティーチャー 〜むちムチ性教育〜 2008年6月27日
べ、別にあんたの為に教えてあげるんじゃないんだからね! 2008年12月19日
ねぇ〜お兄ちゃぁ〜ん 〜妹たちのドッキドキ誘惑合戦!〜 2009年5月29日
クールなあの娘のHな妄想 2009年7月31日
保健室のミサキ先生 2009年9月25日
桃色調教 〜めざせHなお嬢様〜 2009年11月27日
孕ら☆パラっ!! 〜スワン中出しパラダイス〜 2011年4月22日 ファンディスク
めざせっエロ漫画家 〜わたし処女ですけど!?〜 2011年8月26日
処女卒業っ! 〜私で童貞捨てませんか?〜 2012年3月30日

スワンマニア[編集]

スワンマニア(SWAN MANIA)は特定のフェティシズムに訴える描写をメインとするブランドで、基幹ブランドのスワンを上回るタイトル数を発売している。

初期は他のブランドに比してファンタジーSF的要素の入った世界観を有するタイトルも見られたが、2008年7月発売の『となりのお姉さんは巨乳OL』以降はほとんどのタイトルでヒロインの妊娠および妊婦状態での性交描写が含まれるようになっている。『様々な媚薬を作り出し、女の子をエロエロにしちゃおう』まではCSA、『おっぱい小さくて何が悪いのさ!』以降は映像倫の審査。

タイトル 発売日 備考
俺の手でイけ 〜痴漢の日々〜 2006年12月8日
誘ってオトして催淫術! 2006年12月22日
淫妹LOVE 2007年3月30日
尽くして愛DOLL! 〜マスター大好きっ〜 2007年5月25日
感汁・魔汁・ぶっかけ性活 2007年6月29日
イケナイ妹Life 2007年9月21日
シましょっ! 〜Hと恋のお勉強〜 2007年10月26日
覗いちゃだめっ! 〜ドキドキ女子寮かんさつ〜 2007年12月14日
となりのお姉さんは巨乳OL 2008年7月25日
人妻お姉さんとツンデレ幼なじみの孕んだ関係 2008年8月29日
姉は教師で新人メイド 〜ラブラブ孕ませ性活!〜 2008年9月26日
孕ら巫女姉妹 2008年11月28日
孕ませ人妻姉妹 〜兄嫁と弟嫁は俺の性妻〜 2009年2月27日
ヤンもえ双子姉妹 〜病んで孕んで愛されて…〜 2009年4月24日
孕ら妻ナース!! 2009年6月26日
姉のいいなり 2009年12月25日
性処理くらぶ 〜いっぱいヌいてあげる♪〜 2010年2月26日
中出し孕ませ母娘どんぶり 2010年3月26日
ザーメンジャンキー 〜早くちょうだい、濃厚ミルク〜 2010年4月30日
ふたぽこ☆みっくす 2010年6月25日
性処理くらぶ2 〜コスって伸びる新人教育〜 2010年8月27日
ふたりはドM委員長! 2010年9月24日
君だけのボテドル! 〜白濁まみれの天使〜 2010年11月26日
様々な媚薬を作り出し、女の子をエロエロにしちゃおう 2010年12月24日
おっぱい小さくて何が悪いのさ! 2011年1月28日
極嬢監禁らいふ! 〜男は黙ってご奉仕なさい〜 2011年3月31日
デリコス! 〜お電話一本、私をお届け〜 2011年7月29日
めたもるふぁっく運動会! 〜飛び込めパンツの向こう側〜 2011年11月25日
ギャル処女!? 2011年12月22日
乱交コンパ★ 〜新入社員にHなご褒美〜 2012年4月22日
ロリぽこ 〜中出し妊娠させ放題〜 2012年9月28日

ダークスワン[編集]

ダークスワン(DARK SWAN)は鬼畜陵辱系に分類されるハードな描写をメインとするブランドで、他ブランドで発売される作品の多くがライトタッチな世界観を有しているのに対して陰惨な世界観で占められている。2008年以降は新作の発表が無く活動休止状態が続いているが、ブランドの路線は前述の黒鳥へ継承されている。全タイトルともCSA時代の審査。

タイトル 発売日 備考
魔女姦堕 〜神父に狩られる女たち〜 2007年1月26日
乱交地獄 〜泥濘に堕ちる女〜 2007年2月23日
姦禁飼育ホテル 2007年4月27日

iSWAN[編集]

iSWAN(アイスワン)はiOS(iPhone/iPod touch/iPad)、Android対応アプリケーション用のブランド。年齢制限の掛かる作品は発売されていない。

タイトル 発売日 備考
iOS版 Android版
大富豪しよっ! 2009年12月7日 2010年7月11日
花札しよっ! 2011年2月5日 2012年4月11日
大富豪しよっ! DX 2011年5月4日 - iPad専用

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大洋図書の系列企業である同名の出版社とは無関係。
  2. ^ スワンマニアやスワンアイの初期作品では客観的に強姦と解釈し得る描写や痴漢などの犯罪行為を主題にした作品も存在した。
  3. ^ a b c d ダウンロード版は立ち絵鑑賞(『孕ら☆カノ!!』はパッケージ版にもアリ)・壁紙作成モードを追加した「特別版」となっている。
  4. ^ ダウンロード版のみスペシャルストーリー『私がメイン張った方が良かったと思いますが 〜愛璃先輩は大層ご立腹です〜』が収録されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]