スズガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズガモ
スズガモのオス
スズガモのオス
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ハジロ属 Aythya
: スズガモ A. marila
学名
Aythya marila
Linnaeus 1761[2]
和名
スズガモ(鈴鴨)
英名
Greater Scaup
Diving duck
亜種
The GS range map.jpg
分布域

スズガモ(鈴鴨、学名:Aythya marila L.)は、カモ目カモ科ハジロ属に分類される鳥類の一種。

形態[編集]

全長はオスが約46 cm、メスが約43 cm、翼開長は74-80 cm[3]。小型の潜水ガモ(海ガモ)類であり、成鳥はくちばしは灰青色で目は黄色。オスは黒い頭で緑の光沢がある。メスは全体的に褐色。嘴の基部に白い斑がある。キンクロハジロと配色が似ている[4]

名前の由来は、飛ぶときの羽音が金属質での音に似ていることから[3][5][6]

分布[編集]

藤前干潟で越冬する群れ

繁殖地は北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部である。冬季はヨーロッパ北部、カスピ海中国東部、北アメリカ西部及び東部に渡り越冬する。アリューシャン列島では、留鳥として周年見られる。

日本では冬鳥として、亜種スズガモが海岸に多数渡来する[3]。日本に渡来する海ガモ類では、最も渡来数が多い種とされる[3][5][6]東京湾藤前干潟などでは毎冬大群が見られる。北海道東部ではでも観察される。

生態[編集]

越冬期には、主に内湾など波の静かな海に大群で生息する。ただし少数の群れで海や海に近い湖沼等にも分布する。多くの場合、カモ類は同じ場所に生息するため、本種を含めた色々な群が見られる。

主に潜水して採食する。頭から水中に1分近く潜ることもある[5][6]アサリを始めとする貝類などを食べるが、水草を食べることも希にある。昼間のみならず、夜間も採食する。貝類を採食する時は、貝殻ごと丸呑みにし砂嚢(砂肝)で消化する[4]。このため、体内に強力で大きな砂嚢を持っている[6]

繁殖地は湿地である。巣は水辺の草むらや藪の中、岩の間に作り、しばしばコロニー状に営巣する。また、カモメアジサシ類のコロニー内に営巣することもある。1腹8-10個の卵を産む。抱卵期間は24-28日である。

Greater scaup female.jpg Tufted Duck (female) Nationalpark Bayerischer Wald.jpg Aythya marila4.jpg
スズガモのメス 近縁種のキンクロハジロのメス 東京湾で越冬するスズガモ

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、レッドリスト軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本の以下の都道府県でレッドリストの指定を受けている[7]

旭山動物園が1995年に日本国内で初めて人工孵化に成功して繁殖賞を受賞した。

亜種[編集]

以下の2亜種に分類される。

  • Aythya marila marila オオスズガモ
  • Aythya marila mariloides スズガモ[7]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. (Aythya marila)” (英語). IUCN. 2012年1月13日閲覧。
  2. ^ Aythya marila Linnaeus, 1761” (英語). ITIS. 2012年3月23日閲覧。
  3. ^ a b c d ひと目でわかる野鳥 (2010)、47頁
  4. ^ a b 里山の野鳥ハンドブック (2011)、187頁
  5. ^ a b c 色と大きさでわかる野鳥観察図鑑 (2002)、206-207頁
  6. ^ a b c d 散歩で楽しむ野鳥の本 (2008)、34-35頁
  7. ^ a b 日本のレッドデータ検索システム「スズガモ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年10月15日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  8. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 114 (2011年). 2012年10月15日閲覧。
  9. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種」(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 51 (2010年). 2012年10月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 ガンカモ目』、財団法人東京動物園協会、1980年、74頁
  • 『色と大きさでわかる野鳥観察図鑑―日本で見られる340種へのアプローチ』 杉坂学(監修)、成美堂出版〈観察図鑑シリーズ〉、2002年4月ISBN 4415020259
  • 大橋弘一、Naturally 『散歩で楽しむ野鳥の本(街中篇)』 山と溪谷社2008年10月21日ISBN 978-4635596206
  • 『里山の野鳥ハンドブック』 小宮輝之(監修)、NHK出版2011年5月6日ISBN 978-4140113004
  • 『ひと目でわかる野鳥』 中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月ISBN 978-4415305325

関連項目[編集]