コスズガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスズガモ
Lesser Scaup.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: ハジロ属 Aythya
: コスズガモ A. affinis
学名
Aythya affinis
和名
コスズガモ
英名
Lesser Scaup

コスズガモ(小鈴鴨、学名Aythya affinis)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種である。

名前の由来は、小型のスズガモの意。

分布[編集]

北アメリカ大陸北部(アラスカカナダ)で繁殖し、冬季は北アメリカ中部から中央アメリカ、カリブ海の島嶼に渡り越冬する。

日本では迷鳥として冬季、北海道宮城県東京都神奈川県愛知県などで記録されている。

形態[編集]

体長約42cm。スズガモに似ているが一回り小さい。雄成鳥は頭部から胸、腰から尾、下尾筒が黒く、背中は白い。雌は全体に黒褐色である。嘴は青灰色で先端部がわずかに黒い。頭が眼より後方で最も盛り上がっており、頭頂から後頭にかけて軽く段があるように見える。

生態[編集]

湖沼、池、河川、河口、内湾に生息する。スズガモと比べると淡水域を好む傾向がある。

食性はやや動物食の傾向の強い雑食。

繁殖形態は卵生。内陸部の湖沼の岸からやや離れた草むらに営巣することが多い。水面上に浮き巣を作ったり、アジサシ類のコロニーの中に営巣することもある。1腹8-10個の卵を産む。抱卵期間は23-25日である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
カモ下目 Anserides
カモ亜科 Anatinae
カモ族 Anatini

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 ガンカモ目』、財団法人東京動物園協会、1980年、74頁

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「コスズガモ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類