ジャボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャボ
ジャボ着用例

ジャボ(英:Jabot)とは、中世にヨーロッパで用いられていたの付いた胸の飾りのことである。

概要[編集]

主にレースで出来ており袖口と共に装飾の役割を果たしていた。現在のネクタイとして用いられており、付け外しの出来る物や一体化したものまで存在した。立襟詰襟折襟背広軍服に用いていたがスカーフ蝶ネクタイが流行し姿を消した。現在は社交界王室議会法廷弁護士で用いられている。

歴史[編集]

17世紀頃から19世紀までのヨーロッパの服飾を果たしてきた。初めは男性用でワイシャツに用いられ、後に女性用にブラウスジレワンピースに用いられた。ブラウスには襞飾りの名残がある。ジャボとはフランス語で鳥の餌用の袋を意味した。英語ではジャボット。

ジャボを用いた服装[編集]

著名な人物[編集]

フィクションでのジャボ[編集]

ジャボは貴族的、上品なイメージがあるからか、貴族王族メイド海賊等の登場人物がジャボを身につけていることがある。


関連項目[編集]