シーザーサラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カツをトッピングしたシーザーサラダ

シーザーサラダ: Caesar salad)は、ロメインレタスを主体にしたサラダである。

ローマ帝国の基礎を築いたジュリアス・シーザーの好物であったとの俗説が未だに料理雑誌などで散見されるが、実際にはジュリアス・シーザーとの関連はない。

概要[編集]

ロメインレタスの上にニンニクコショウレモン汁、オリーブオイルから作られるシーザードレッシングに、削りおろしたパルメザンチーズクルトンをトッピングして仕上げる。

現在ではボリュームを出すためにグリルした鶏の胸肉エビステーキサーモンなどをトッピングすることも多い。

起源と伝来[編集]

1924年7月4日アメリカ合衆国との国境に接するメキシコの町・ティフアナ (Tijuana) のレストラン、「シーザーズ・プレイス」(Caesar's Place)[1][2]のオーナーであったイタリア系移民の料理人シーザー(チェザーレ)・カルディーニ英語版(Caesar Cardini)によって調理されたのが最初である[1]

当時のアメリカでは禁酒法が施行されており、ティフアナはハリウッドで働くアメリカ人達が酒を飲める歓楽街として賑わっていた。7月4日(アメリカ独立記念日)の夜、シーザーは手元に残っていたありあわせの材料でサラダを作ったという。やがてこのサラダは“シーザーサラダ”として評判となり、ティフアナに押しかけるハリウッドの芸能関係者たちが本国に伝え広めた[1]

初期のシーザーサラダのドレッシングにはごく軽く火を通した鶏卵(コドルド・エッグ)が入っており、チーズはロマーノを用いていた。1920年代のシーザーズ・プレイスで食事をしたことのある後のフランス料理研究家ジュリア・チャイルド英語版(Julia Child)によると、給仕が若いロメインレタスの葉とドレッシングをテーブルまで運んで客の目の前で和え、客はレタスを指でつまんで食べるのが決まりであったという[1]

現在のシーザーサラダにはアンチョビが入ることがあるが、元のレシピにはアンチョビは含まれていなかった。また、ドレッシングにウスターソースを入れることが多いが、シーザーはレシピを書き遺さなかったため、本来のシーザーサラダのドレッシングにウスターソースが入っていたかどうかは不明である。

日本への伝来[編集]

1949年12月24日におこなわれた、GHQの高級将校宿舎として接収された帝国ホテルでのクリスマスイブのパーティーにおいてシーザーサラダが提供された。これは日本における単品料理としての「サラダ」が初めて提供された場でもあった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Anderson, Jean. The American Century Cookbook. Potter, New York, 1997.
  2. ^ シーザーサラダ友の会によると、同店の名はシーザーズ・パレス(Caesar's Palace)である。

外部リンク[編集]