コモチカワツボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモチカワツボ
P antipodarum.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
: 吸腔目 Sorbeoconcha
: ミズツボ科 Hydrobiidae
: Potamopyrgus
: コモチカワツボ P. antipodarum
学名
Potamopyrgus antipodarum
J. E. Gray, 1843
シノニム

Potamopyrgus jenkensi

英名
New Zealand mudsnail

コモチカワツボ(学名:Potamopyrgus antipodarum)は、ミズツボ科に分類される巻貝の一種。ニュージーランド原産で、欧米や日本などに外来種として定着している。

分布[編集]

ニュージーランドを原産地とする[1]オーストラリアヨーロッパ北アメリカイラク、日本に移入分布する[2]

日本では、北海道青森県岩手県秋田県山形県宮城県新潟県栃木県群馬県埼玉県神奈川県長野県静岡県愛知県岐阜県三重県富山県石川県滋賀県京都府兵庫県愛媛県宮崎県で記録されている[2]

特徴[編集]

殻高は4-5mmで、幼貝の殻高は0.4mmと極小[3]カワニナの幼貝に似ているとされるが、殻口の形状から見分けがつく。カワニナと違って、コモチカワツボは殻口が長円形で、体層との間に隙間がある[3]

雌雄異体で、有性生殖する個体と無性生殖する個体が存在する[3]。外来種として定着している地域では、ほとんどが雌の無性生殖個体であり、一個体でも繁殖して増え続ける。1平方メートルあたり数万から数十万の高密度に達することもある[3]

外来種問題[編集]

アメリカでは1987年にスネーク川で初めて記録された[4]。日本の最初の定着報告は1990年の三重県である[2]。日本の場合はニュージーランドやオーストラリアから輸入された活魚に混入して導入されたと考えられている[3]。そして、靴底や網、水鳥などの動物に付着して分布を拡大させたとみられる[3]。また、本種はゲンジボタルの餌となるため、ホタル保護活動の中で本種が意図的に移殖された可能性も指摘されている[3]

コモチカワツボの分布拡大を防止する手段としては、本種の生息環境で使用した道具類の凍結や高温乾燥、薬剤処理による個体の駆除などが挙げられる[3]

繁殖力が非常に強い外来種だが、悪影響についてはあまり整理されていない。滋賀県では「ふるさと滋賀の野生動植物との共生に関する条例」によって指定外来種に指定し、野外への放逐などを規制している。

参考文献[編集]

  1. ^ Aquatic Nuisance Species Task Force (2006) (PDF). National Management and Control Plan for the New Zealand Mudsnail (Potamopyrgus antipodarum). http://www.anstaskforce.gov/Documents/NZMS_M&C_Draft_8-06.pdf 2012年12月29日閲覧。. 
  2. ^ a b c コモチカワツボ 国立環境研究所 侵入生物DB
  3. ^ a b c d e f g h 浦部美佐子「本邦におけるコモチカワツボの現状と課題」、『陸水学雑誌』第68巻第3号、2007年、 491-496頁。
  4. ^ "Potamopyrgus antipodarum" USGS Nonindigenous Aquatic Species Database.

  

関連項目[編集]