グリーゼ581g

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 星図 15h 19m 27s, -07º 43' 19''

グリーゼ581g
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Gliese 581 system compared to solar system.jpg
グリーゼ581系太陽系の比較図
(Credit: Zina Deretsky、アメリカ国立科学財団)
主星
恒星 グリーゼ581
星座 てんびん座
赤経 (α) 15h 19m 26s
赤緯 (δ) −07° 43′ 20″
視等級 (mV) 10.55
距離 20.3 ± 0.3 ly
(6.2 ± 0.1 pc)
スペクトル分類 M3V
質量 (m) 0.31 M
半径 (r) 0.29 R
温度 (T) 3480 ± 48 K
金属量 [Fe/H] -0.33 ± 0.12
年齢 7 – 11 Gyr
軌道要素
周期 (P) 37 d
物理的性質
最小質量 (m sin i) 3.1 - 4.3 M
発見
発見日 2010年9月29日(公表)
発見者 スティーヴン・ヴォート
観測場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州
W・M・ケック天文台
現況 未確認
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

グリーゼ581g (Gliese 581g、Gl 581g、GJ 581g) は、太陽系から約20光年離れた、赤色矮星グリーゼ581の周囲を公転する太陽系外惑星。属する惑星系の6つ(2010年時点)の惑星のうち、内側から数えて第4にあたる。2010年9月29日に発見が公表された[1]。しかし後の研究により、存在しないだろうとの指摘がなされている[2]

てんびん座の方角に位置している。地球とよく似た星であると推測されている。

概要[編集]

この惑星はW・M・ケック天文台において視線速度法によって得られたデータと、ラ・シヤ天文台にある3.6m望遠鏡に設置された高精度視線速度系外惑星探査装置 (HARPS) のデータを組み合わせることで発見された[3][4]

この惑星は地球の3〜4倍の質量を持ち、37日間で公転していると考えられている。地球における月と同じように、グリーゼ581gの自転周期は公転周期と同期しているため、恒星に対して常に同じ面を向けている。グリーゼ581gの1日の長さは1年の長さと同じになる[5]。 恒星に常に同じ面を向けているため、明るい面と暗い面の境目付近は常に地球と同じような温度であると想像される。

この質量は、グリーゼ581gはおそらくはっきりとした地表を持つ、岩でできた惑星であり、大気を持つために必要な重力を有していることを示している。惑星表面の温度は摂氏マイナス12〜マイナス31℃の間ではないかと考えられている。

グリーゼ581星系の惑星の軌道

グリーゼ581gは恒星のハビタブルゾーンの中央付近に位置しており、液体状態のが存在する可能性が高い[6]。 これまでに発見された、生物が存在しているかもしれないとされる太陽系外惑星の中で、最も有力な候補と言われている[7]

共同発見者であるスティーブン・ボーグトは、かなり個人的な主張として「この惑星に生命が存在しうる機会はほとんど100パーセントだ」と述べている[8][9]。 また、非公式にこの星を「ザルミナ」と呼んでいる。これは、彼の妻の名前である[10]

観測調査を記述した論文は「アストロフィジカルジャーナル」にて公表されており[11]、学術論文サイト「arXiv」にも寄稿された[4]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Press Release 10-172 Newly Discovered Planet May Be First Truly Habitable Exoplanet” (英語). アメリカ国立科学財団 (2010年9月29日). 2010年10月1日閲覧。
  2. ^ Forveille, T.; Bonfils, X.; Delfosse, X.; Alonso, R.; Udry, S.; Bouchy, F.; Gillon, M.; Lovis, C.; Neves, V.; Mayor, M.; Pepe, F.; Queloz, D.; Santos, N. C.; Segransan, D.; Almenara, J. M.; eeg, H.; Rabus. M. (2011年9月12日). “The HARPS search for southern extra-solar planets XXXII. Only 4 planets in the Gl~581 system”. arXiv:1109.2505v1 [astro-ph.EP].  "...Our dataset therefore has strong diagnostic power for planets with the parameters of Gl 581f and Gl 581g, and we conclude that the Gl 581 system is unlikely to contain planets with those characteristics..."
  3. ^ Gliese 581g the most Earth like planet yet discovered”. 英デイリー・テレグラフ (2010年9月30日). 2010年9月30日閲覧。
  4. ^ a b Steven S. Vogt; R. Paul Butler, et al. (2010-09-29). “The Lick-Carnegie Exoplanet Survey: A 3.1 M_Earth Planet in the Habitable Zone of the Nearby M3V Star Gliese 581”. アストロフィジカルジャーナルより抜粋 (arXiv). http://arxiv.org/abs/1009.5733 2010年9月29日閲覧。. 
  5. ^ Astronomers Find Most Earth-like Planet to Date”. 米サイエンス (2010年9月29日). 2010年9月30日閲覧。
  6. ^ Found: first rocky exoplanet that could host life”. 米ニュー・サイエンティスト (2010年9月29日). 2010年9月30日閲覧。
  7. ^ Just-right planet that can support life detected”. 米ロイター (2010年9月29日). 2010年9月30日閲覧。
  8. ^ Borenstein, Seth (2010年9月29日). “Astronomers discover ‘Goldilocks' planet that could be just right for life”. グローブ・アンド・メール. 2010年9月30日閲覧。
  9. ^ Dennis Overbye (2010年9月29日). “New Planet May Be Able to Nurture Organisms”. ニューヨーク・タイムズ. 2010年9月30日閲覧。
  10. ^ Borenstein, Seth (2010年9月30日). “Could 'Goldilocks' planet be just right for life?” (英語). AP, Quad-Cities Online. 2010年10月1日閲覧。
  11. ^ Steven S. Vogt, et al.. “The Lick-Carnegie Exoplanet Survey: A 3.1 M⊕ Planet in the Habitable Zone of the Nearby M3V Star Gliese 581 (PDF)” (英語). アメリカ国立科学財団(「アストロフィジカルジャーナル」寄稿論文). 2010年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]