カルピスソーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルピスソーダ
販売会社 カルピス
種類 清涼飲料水
販売開始年 1973年
日本での製造 あり
完成国 日本の旗 日本
外部リンク http://calpissoda.jp/
テンプレートを表示

カルピスソーダCALPIS SODA)は1973年にカルピス食品工業(現在のカルピス株式会社)から発売された乳清炭酸飲料のこと。キャッチコピーは「白くはじけるカルピスソーダ」。

概要[編集]

濃縮タイプの乳酸飲料であるカルピスは家庭内での需要が中心であった。しかし自動販売機の普及や生活様式の変化などから戸外でも手軽に飲める商品が求められていた。缶入り飲料として開発の際、単純にで割っただけでは長期保存時に品質が劣化するため、炭酸入りでの発売となった。

1972年に中京地区でカルピコ・プラムソーダを試験販売する。1973年4月カルピコ・グレープフルーツ味を全国販売。1973年8月にはカルピスソーダが首都圏限定で発売された。

カルピスソーダは自動販売機の普及とともに売り上げをのばした。その後、オレンジイチゴメロンコーラなどの味をつけたカルピスソーダも発売された。好調な売れ行きをうけ、他社からもアンバサ・サワーホワイト日本コカ・コーラ)などの追随商品を生んだ。

1973年の発売以降、戸外で飲めるカルピスとして広く親しまれたカルピスソーダも、1991年カルピスウォーター(劣化防止のために窒素を充填する方法を開発することによって商品化に成功)が発売され大ヒット商品となると主役の座をそちらに奪われる形となった。

現在でも自販機などで多く見られ、500ml缶が主流である。しかし、カルピスソーダの場合、厳密な内容量は490mlである。

年表[編集]

  • 1973年 カルピスソーダ(250ml缶)首都圏限定発売。翌年から全国発売。
  • 1979年 カルピスソーダ・オレンジ、グレープフルーツ(250ml缶)が発売された。
  • 1981年 テレビCMに薬師丸ひろ子を起用。同年公開された薬師丸主演映画『ねらわれた学園』に関連シーンがある。
  • 1982年 テレビCMに三田寛子を起用、三田の歌うCMソング『駈けてきた処女』もヒットした。カルピスソーダ・プラム(250ml缶)発売。
  • 1983年 CMタレントが松尾久美子に交代、セーラー服姿からカルピスソーダの水玉模様の衣装に変身する内容のテレビCMが放映された。
  • カルピスソーダ300ml缶発売。
  • カルピスソーダ・メロンフルーツパンチ(300ml缶)発売。
  • 1984年 CMタレントが伊藤麻衣子(現・いとうまい子)に交代、彼女が外国人の少年にバケツの水をかけられるという内容のテレビCMが放映された。
  • 1987年 この年カルピスが発売したオリゴCCがヒットし、相乗効果でカルピスソーダの売り上げも前年比40%増となる。カルピスソーダ・いちご、メロン、青リンゴ(300ml缶)発売。
  • 1989年 カルピスソーダ、コーラ、グレープ、イチゴ、メロン、オレンジ(350ml缶)発売。
  • 1991年 カルピスウォーターが発売され大ヒット。カルピスソーダ・アセロラ(350ml缶)発売(1986年ニチレイが発売し、定番商品化しつつあった「ニチレイ・アセロラドリンク」を受けて)。
  • 1996年 やわらかカルピスソーダ、グレープ、オレンジ、コーラ(350ml缶)発売。この年の清涼飲料市場は微炭酸ブームであった。
  • 2008年 カルピスソーダ ゼロリフレッシュ(500mlPET)発売。ノンカロリータイプは2000年代初旬頃から発売していたが[1]、初めて名称に「ゼロ」が入った。
  • 2009年 カルピスソーダ ジンジャーゼロカロリー(500mlPET)発売。
  • 2013年 テレビCMにGReeeeNを起用。
  • 2014年 テレビCMに山本裕典を起用。

カルピスソーダ学園シリーズ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]