カリウムミョウバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリウムミョウバン
識別情報
CAS登録番号 7784-24-9
特性
化学式 AlK(SO4)2·12H2O
モル質量 474.388 g mol−1
外観 無色結晶
密度 1.757 g/cm3 (20 ℃)
融点

92.5℃

沸点

脱水分解

への溶解度 6.74 g/100 g水溶液 (25 ℃)
構造
結晶構造 立方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −6061.8 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 687.4 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 651.03 J mol−1K−1
危険性
EU Index Not listed
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 クロムミョウバン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カリウムミョウバンとはミョウバンの一種で、カリウムイオン、水和アルミニウムイオンおよび硫酸イオンを含む複塩である。ミョウバン参照。

概要[編集]

硫酸カリウムアルミニウムともいう。硫酸アルミニウム硫酸カリウム水溶液を当量反応させると生成する複塩の結晶。

Al2(SO4)3 + K2SO4 + 24 H2O → 2 KAl(SO4)2·12H2O

アルミニウム水酸化カリウムに溶かして硫酸を加えても生成する。

2 Al + 2 KOH + 6 H2O → 2 K[Al(OH)4] + 3 H2
K[Al(OH)4] + 2 H2SO4 + 8 H2O → KAl(SO4)2·12H2O

十二水和物の結晶は[Al(H2O)6]3+を含み、また6個のH2OにK+が囲まれている。十二水和物は水に対して吸熱的に溶解するため溶解度の温度依存性が大きく、再結晶により正八面体型の大結晶が得られる。64.5℃で9個の結晶水を失い、200℃では無水物となる[2]。無水物は焼明礬と呼ばれる。

媒染剤、なめし剤として用いられる。また血液凝固性があるので止血剤にも用いられる[3]

参考文献[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ 日本化学会編 『化学便覧 基礎編 改訂4版』 丸善、1993年
  3. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年