二ホウ化アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二ホウ化アルミニウム
識別情報
CAS登録番号 12041-50-8
特性
化学式 AlB2
モル質量 48.60 g/mol
外観 赤銅色
密度 3.19 g/cm3
融点

1655 °C, 1928 K, 3011 °F

への溶解度 不溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

二ホウ化アルミニウム(Aluminium diboride、AlB2)は、アルミニウムホウ素からなる無機化合物である。2種あるアルミニウムのホウ化物のうちの一つで、もう1種の方は十二ホウ化アルミニウムである。通常、ホウ化アルミニウムといえば十二ホウ化アルミニウムの方を指す。

結晶構造[編集]

ホウ素原子はグラファイトのような層を形成し、その間にアルミニウムがインターカレートした構造をしており、これは二ホウ化マグネシウムによく似ている。二ホウ化アルミニウムの単結晶は、六角形平面と平行な軸に沿って金属のような伝導性が見られる[1]

脚注[編集]

  1. ^ On the electronic and structural properties of aluminum diboride Al0.9B2 Burkhardt, Ulrich; Gurin, Vladimir; Haarmann, Frank; Borrmann, Horst; Schnelle, Walter; Yaresko, Alexander; Grin, Yuri , Journal of Solid State Chemistry, Volume 177, Issue 2, p. 389-394 DOI: 10.1016/j.jssc.2002.12.001

関連項目[編集]