トリエチルアルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリエチルアルミニウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
略称 TEA
CAS登録番号 97-93-8
PubChem 16682930
EINECS 202-619-3
特性
化学式 C6H15Al
モル質量 114.165 g/mol
融点

−50 °C

沸点

128-130 °C at 50 mm Hg

危険性
主な危険性 発火性
Rフレーズ R14 R17 R34
Sフレーズ S16 S43 S45
引火点 −18 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリエチルアルミニウム(英:Triethylaluminium 、略:TEA)とは高分子合成の助触媒や焼夷剤、ロケットエンジン用の点火器などに使われる揮発性のアルキルアルミニウムである。

腐食性を持ち空気に触れると自然発火する性質を持つ。

ナパーム剤や高性能ジェット燃料への添加剤など高性能燃焼剤の成分としても活用されている。 古いものでは第二次世界大戦のころのM74ロケットから、新しい物ではMark77爆弾の燃料添加剤として使用されている。

関連項目[編集]