炭酸水素カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
炭酸水素カリウム
Potassium bicarbonate.png
IUPAC名 炭酸水素カリウム
別名 重炭酸カリ
組成式 KHCO3
式量 100.1 g/mol
形状 無色結晶、白色粉末
CAS登録番号 [298-14-6]
密度 2.17 g/cm3, 固体
水への溶解度 32.2 g/100 mL (20 ℃)
融点 100-200 ℃(分解)

炭酸水素カリウム(たんさんすいそかりうむ、Potassium bicarbonate)は化学式KHCO3、式量100.1のカリウム炭酸塩

常温常圧では無色の固体で、水溶液は弱塩基性を示す。水酸化カリウムと一当量の炭酸を反応させることで得られる。熱すると二酸化炭素を放出して炭酸カリウムとなる。

水で希釈して、うどんこ病医療用の殺菌剤として使用される。

粉末化し、流動性付与剤として無水ケイ酸ホワイトカーボンを加え、防湿剤として金属石鹸シリコーンオイルをコーティングしたものが消火剤として用いられる。消防法施行規則第21条の規定による第二種粉末消火薬剤であり、炭酸水素ナトリウムと見分けやすくするため、色に着色するよう定められている。炭酸水素ナトリウム同様B火災(油火災)とC火災(電気火災)に適応している。日本では主に旭硝子東京応化工業などで生産されている。

外部リンク[編集]