臭化アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
臭化アルミニウム
識別情報
CAS登録番号 7727-15-3 チェック
7784-27-2 (hexahydrate)
PubChem 24409
RTECS番号 BD0350000
特性
化学式 Al2Br6
AlBr3
モル質量 266.72 g/mol
外観 白ないし淡黄色の結晶
密度 3.205 g/cm3
融点

97.8℃

沸点

265℃

への溶解度 反応する
溶解度 メタノールジエチルエーテルアセトンにわずかに溶ける
危険性
半数致死量 LD50 1598 mg/kg (猫、経口投与)
関連する物質
その他の陰イオン 塩化アルミニウム
ヨウ化アルミニウム
その他の陽イオン 臭化ホウ素
関連物質 臭化鉄(III)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化アルミニウム(しゅうかアルミニウム、 Aluminium bromide)はアルミニウム臭化物で、化学式はAl2Br6またはAlBr3で表される。

合成法[編集]

アルミニウムと臭化水素または臭素との反応で得られる。

2 Al + 6 HBr → Al2Br6 + 3 H2
2 Al + 3 Br2 → Al2Br6

化学反応[編集]

四塩化炭素との反応により四臭化炭素が生成される。

4 AlBr3 + 3 CCl4 → 4 AlCl3 + 3 CBr4

この他、難燃剤の製造やフリーデル・クラフツ反応触媒などの用途がある。

性質[編集]

不燃性であるが加熱により分解し、臭素や臭化水素を含むフュームを生じる。水分との接触により、発熱を伴って臭化水素酸を生成する。皮膚や粘膜、眼に対する刺激性があり、薬傷を生じる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]