リン酸二水素カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リン酸二水素カリウム
potassium dihydrogenphosphate
識別情報
CAS登録番号 7778-77-0 チェック
PubChem 516951
RTECS番号 TC6615500
特性
化学式 KH2PO4
モル質量 136.086 g/mol
外観 吸湿性のある白色結晶性粉末
密度 2.338 g/cm3
融点

252.6℃

沸点

400℃で分解

への溶解度 22 g/100 mL (25℃)
溶解度 アルコールに不溶
酸解離定数 pKa 7.20
塩基解離定数 pKb 11.85
構造
結晶構造 正方晶
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -1568.33 kJ mol-1[1]
標準モルエントロピー So 134.85 J mol-1K-1
標準定圧モル比熱, Cpo 116.57 J mol-1K-1
危険性
MSDS External MSDS
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
1
0
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陽イオン リン酸二水素ナトリウム
リン酸二水素アンモニウム
関連物質 リン酸水素二カリウム
リン酸三カリウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
リン酸二水素カリウムの単結晶

リン酸二水素カリウム(リンさんにすいそカリウム、: Potassium dihydrogenphosphate)ないしはリン酸一カリウム(リンさんいちカリウム、: monopotassium phosphate)はカリウムリン酸塩で、化学式KH2PO4で表される無機化合物。しばしばKDPと略される。

性質[編集]

吸湿性があり、水溶液はpH4.4~4.9[2]と、酸性を示す。これはリン酸二水素イオンの酸解離および加水分解による。リン酸二水素カリウムとリン酸水素二ナトリウムの混合水溶液はpH測定用標準溶液に用いられる。

H2PO4-  \rightleftarrows\ H+ + HPO42-
H2PO4- + H2O  \rightleftarrows\ H3PO4 + OH-

加熱により脱水され、メタリン酸カリウムを生成する。

n KH2PO4 → (KPO3)n + n H2O

肥料PH調整剤、排水処理剤[3]食品添加物[2]などとして使用される。結晶構造正方晶系であり、非線形光学特性を持つため光変調器など光学分野でも用いられる。結晶の格子定数はa = 7.43Å、c = 6.97Åである[4]。 結晶のc軸方向に対して強誘電体の性質をもつ[4]。皮膚や眼に対して刺激性がある[5]

脚注[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ a b 製品情報キリン協和フーズ
  3. ^ 製品案内(ラサ晃栄)
  4. ^ a b 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  5. ^ 国際化学物質安全性カード

外部リンク[編集]