カラシラサギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラシラサギ
カラシラサギ
カラシラサギ Egretta eulophotes
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
亜科 : サギ亜科 Ardeinae
: シラサギ属 Egretta
: カラシラサギ E. eulophotes
学名
Egretta eulophotes
(Swinhoe, 1860)
和名
カラシラサギ
英名
Chinese egret
Swinhoe's egret

カラシラサギ(唐白鷺、Egretta eulophotes)は、動物界脊索動物門鳥綱コウノトリ目サギ科シラサギ属に分類される鳥。

分布[編集]

インドネシアジャワ島スマトラ島スラウェシ島ボルネオ島)、タイ大韓民国朝鮮民主主義人民共和国中華人民共和国台湾日本フィリピンブルネイベトナムマレーシア

夏季に朝鮮半島西岸や黄河河口域で繁殖し、冬季になると台湾や東南アジアに南下し越冬する。日本には越冬のため九州南西諸島にまれに飛来(迷鳥、もしくはまれな冬鳥)する。

形態[編集]

全長60 - 68cm。全身は白い羽毛で覆われる。

虹彩は黄色。後肢の色彩は黒く、趾は黄緑色。

夏羽は後頭部の冠羽が10cm以上伸びるほか、肩部、胸部の飾羽がやや伸長する。また嘴と眼の間が薄青色で、嘴の色彩はオレンジ色。冬羽は嘴の色彩は黄色で、先端は黒褐色。

生態[編集]

河川湿地水田などに生息する。

食性は動物食で、魚類甲殻類などを食べる。翼を動かし獲物を追い立て、逃げ出した獲物を追いかけて捕食する。

繁殖形態は卵生。断崖の草原や樹上に巣を作る。本種単独でコロニーを形成するほか、サギ科の他種の集団繁殖地(コロニー)に紛れ込むこともある。1腹3 - 5個の卵を産む。

人間との関係[編集]

羽毛が装飾品とされたこともある。

開発による生息地の破壊、羽毛目的の乱獲などにより、生息数は激減している。

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.png

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、130頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、64 - 65、180頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、23頁。
  • 真木広造他『日本の野鳥590』、平凡社
  • 高野伸二他『山溪カラーガイド 日本の野鳥』、山と溪谷社
  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、26頁

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「カラシラサギ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類