イオンモール倉敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオンモール倉敷
ÆON MALL KURASHIKI
AEON Mall Kurashiki.jpg
店舗概要
正式名称 イオンモール倉敷
所在地 岡山県倉敷市水江1番地
北緯34度36分13秒 東経133度44分43秒 / 北緯34.60361度 東経133.74528度 / 34.60361; 133.74528座標: 北緯34度36分13秒 東経133度44分43秒 / 北緯34.60361度 東経133.74528度 / 34.60361; 133.74528
開業日 1999年9月21日
施設所有者 三井住友信託銀行株式会社
イオンモール株式会社[1]
施設管理者 イオンモール株式会社
設計者 株式会社東畑建築事務所[2]
敷地面積 148,693m²
商業施設面積 82,000m²
中核店舗 イオン倉敷店
MOVIX倉敷
店舗数 ÆONと230の専門店
営業時間 10:00~22:00(モール専門店街)
09:00~23:00(イオン)
駐車台数 4,700台
前身 クラレの工場

イオン倉敷ショッピングセンター
ジャスコイオン倉敷店)
外部リンク 公式サイト
ÆON MALL

イオンモール倉敷(イオンモールくらしき)は、岡山県倉敷市にあるショッピングセンターである。

概要[編集]

倉敷市水江に位置しイオンモール株式会社が開発・運営を行っている郊外型の大型ショッピングモールである。鉄筋コンクリート・4階建て、商業施設面積82,000の建物には1・2階にテナントが入居し、3・4階と屋上が駐車場となっている。

イオン倉敷店、松竹MOVIXトイザらスのほか、230の専門店が営業。148,693の敷地にあり、建物と北駐車場及び南臨時駐車場を合わせると4700台の駐車場を備えている。

主なテナント[編集]

イオン倉敷店[編集]

南側の1・2階にある当施設の核店舗。従業員550人、売場面積:21,709m²のイオンリテールが運営する総合スーパーである。2011年2月28日までは「ジャスコ イオン倉敷店」[3]の店舗名称であったが、イオンリテールによるマイカルの吸収合併による「ジャスコ」・「サティ」→「イオン」への店舗名称統一に伴い、2011年3月1日から現店舗名称に(「ジャスコ」が除かれる)。なお、反対端の1階にあったメガマートイオンが運営)はジャスコとの販売商品の競合により売上が伸びず、2007年12月の改装により撤退した。

MOVIX倉敷[編集]

MOVIX倉敷
MOVIX Kurashiki
MOVIX倉敷のコンセッション
情報
完成 1999年
開館 1999年9月21日
客席数 (10館合計)2,051
設備 ドルビーデジタル(サラウンドEX)、DTSSDDS
用途 映画上映
運営 株式会社松竹マルチプレックスシアターズ
所在地 710-0802
岡山県倉敷市水江1
イオンモール倉敷2階
アクセス 該当項目を参照
公式サイト MOVIX倉敷

イオンモール倉敷と同時にオープンした岡山県内初のシネマコンプレックスである。開業当初は8スクリーン、1,793席であったが、2002年12月に2スクリーンを増床し、10スクリーン・2,029席へと拡充している。

設備面では、DTSSDDS等の各種音響システムに対応し、中でも、シアター6はSDDS 8ch、ドルビーデジタルサラウンドEXを採用したTHX認定館である。また、各シアターには車椅子席等のバリアフリー設備もある。

シアター 定員(座席数) 車椅子 音響方式
1 206 2 SRD / DTS
2 203 2 SRD / DTS
3 203 2 SRD / DTS
4 203 2 SRD / DTS
5 130 1 SRD / DTS
6 456 3 SRD / SRD-EX / DTS / SDDS / THX
7 106 2 SRD / DTS
8 106 2 SRD / DTS
9 106 2 SRD / DTS
10 310 4 SRD / DTS / SDDS

専門店[編集]

イオンモール倉敷の回廊

イオンモール倉敷公式サイトのショップ案内を参照

略歴[編集]

リニューアル前の店舗外観
(2010年4月撮影)

大原家が創業したクラレが工場跡地活用のためイオングループを誘致。1999年「イオン倉敷ショッピングセンター」としてオープンした。イオン熱田ショッピングセンター(現・イオンモール熱田)と同様に開設時には地元対策の一環として工場を持っていた地元有力企業クラレ名義で建設されたが、早々にイオングループクラレより信託受益権の売買と称して買い取る形をとっており、店舗開設時の名義借りによる申請となっており大規模小売店舗法に照らして不適切との指摘もある。

開店以来平日、休日を問わず連日多くの利用者でにぎわっており、特に休日の駐車場や館内の混雑ぶりは凄まじい[4]。他方、三越ダイエーの不採算店削減にからみ倉敷駅近辺の中心市街地にある両店が撤退したことや、周辺自治体でも大型店の撤退や商店街シャッター通り化が進んだ[5]ため、郊外型ショッピングセンターの代表格として、また破壊力の象徴として位置づけられることが多い。 また、従来の街造りの成功例として知られた倉敷の景観地区を作り上げた大原家が自ら旧市街地の衰退の引き金を引いた面からも地元財界のまちづくりへの対応のケーススタディの格好の対象となっている。

開店後の主な動き[編集]

  • 2007年9月22日にイオンモールが運営するショッピングセンターの施設名称を一部のショッピングセンターを除いて「イオンモール」に統一するのに伴い、同日から施設名称をイオン倉敷ショッピングセンターから「イオンモール倉敷」へ変更した。施設名称変更に先だって、イオン倉敷ショッピングセンターがリフレッシュオープンした2007年9月14日から、同ショッピングセンターの愛称という形で「イオンモール倉敷」が先行使用され、施設名称変更まではイオン倉敷ショッピングセンターはバス停の名称と施設名称としてのみ使用されていた。
  • 2007年12月から翌春の間に20億円をかけてオープン以来の大規模な改装を行った。立体駐車場2階東側のスペースを売り場に改装、売場面積1000m²増床しテナント20店が加わった。旧駐車場スペースに「ユニクロ」と「ABCマート」が移転、ホームセンターのメガマート跡が「キッズ共和国+」となった。
  • 2010年4月16日、延床面積約27,000平方メートル、店舗数にして約50店増やし、2011年冬にリニューアルオープンすることを発表した。
  • 2011年3月1日、核店舗である「ジャスコ イオン倉敷店」の店舗名称が、「イオン倉敷店」に改称。
  • 2011年9月16日、増床部分が「ワクワクモール」としてオープン。
  • 2011年10月28日、既存棟の改修が完了、全館リニューアルオープン。

交通[編集]

最寄りのインターチェンジ山陽自動車道倉敷ICである。

面している道路[編集]

公共交通機関[編集]

関連項目[編集]

近隣のSC[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ pref.okayama.jp/uploaded/attachment/133914.pdf - 2012年3月23日閲覧
  2. ^ トップページ > 実績紹介トップ > 商業施設 > イオンモール倉敷ショッピングセンター - 東畑建築事務所公式ウェブサイト、2013年10月13日閲覧
  3. ^ なお、旧「ジャスコ倉敷店」はディスカウントストア業態の「ザ・ビッグ倉敷(笹沖)店」に変更された。
  4. ^ 年間400億円の売り上げを記録(イオングループのショッピングセンターでは第4位)しており、休日には6万人の来場者があるという(南日本新聞・2007年9月15日付朝刊32面)。
  5. ^ 倉敷駅前の通行量は1998年が146,000人であったのに対し、2006年は76,000人とほぼ半減している。また、商店街の店舗数も60店舗から15店舗と減少している(南日本新聞・2007年9月15日付朝刊32面)。

外部リンク[編集]