アトミックロボキッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトミックロボキッド
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 アーケード
開発元 UPL
発売元 UPL
デザイナー 藤沢勉
プログラマー 新井利男
音楽 メカノアソシエイツ
美術 藤沢勉
たじまとくひさ
人数 1人
メディア 業務用基板
稼働時期 1988年
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU メイン:Z80 (@ 6 Mhz)
サウンド:Z80 (@ 5 Mhz)
サウンド YM2203 (@ 1.5 Mhz) x2
ディスプレイ 256 x 192 1024色表示
テンプレートを表示

『アトミックロボキッド』(ATOMIC ROBO-KID)は、1988年UPLより発売されたアーケードゲームである。

概要[編集]

内容はフリースクロールのアクションシューティングゲーム。8方向レバーと2ボタンで自機である「ロボキッド」を操作する。一方のボタンはショットに用いる。もう一方を押下すると、ロボキッドが地に足をつけている時はジャンプ、それ以外の時は武器選択を行う。また、押しっ放しにすると自機の左右の向きを固定できる。

ステージの形式は、ロボキッドの動きに合わせて任意スクロールする通常ステージ、巨大なボスキャラクターと相対するボスステージ、同等性能のロボットと1対1で戦う固定画面の対決ステージの3種類。通常ステージは、ビームミサイルなどの飛び道具で敵を倒しつつ、最後にある出口に辿り着けばクリアとなる。

敵の弾を受けると一発でミスとなる。通常ステージでは敵に体当たりしただけではダメージはない。

事故により生殖能力を失った人類を救うべく、ロボキッドが残されたDNAを送り届けるというストーリーが根底にある。ただしゲーム本編はストーリー性に乏しく、エンディングでもはっきりとした結末は語られない。

ゲーム内容[編集]

アイテム[編集]

以下のようなパワーアップアイテムが登場する。ショットのパワーアップは、ミスをした際にその時に使用していた物のみ失われる。なお、ショットには下記の他にノーマルショットがあり、ショットのパワーアップを何も所有していない場合のみ使用可能。

FLY
ロボキッドが自由に飛行できるようになる。
FIRE2
ショットのパワーアップの一つ。敵や背景を貫通するショット。
3WAY
ショットのパワーアップの一つ。前方および斜め上・斜め下に同時に細いレーザーを放つ。
MISSILE
ショットのパワーアップの一つ。敵や敵弾に当たると爆風を放つ。弾を消す効果を持つ唯一の武器。1度に1発しか撃てず、連射が効かない。
5WAY
ショットのパワーアップの一つ。ノーマルショットが上下に5つ連なったようなビームを前方に撃つ。幅は広いが射程が短い。
SPEED UP
一定時間、移動スピードが上がる。
青クリスタル
4つ取ると、シールドがストックされる。シールドは敵弾に当たると自動的に発動する。
黒クリスタル
一定時間、ショットボタン押しっ放しで連射ができる。

通常ステージに時折登場する銀色の「ミニドラゴン」というキャラクターに殴られると、ショップに入る事ができ、上記のアイテムのうちいくつかを購入可能。ただし、本作には金銭の概念は存在せず、アイテムは残機と引き換えである。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 アトミックロボキッドスペシャル
日本の旗1990年1月19日 PCエンジン UPL UPL 4メガビットHuCARD UP01001 -
2 ATOMIC ROBO-KID
欧州連合の旗1990年 Amiga
Atari ST
コモドール64
アクティビジョン アクティビジョン フロッピーディスク - -
3 アトミックロボキッド
日本の旗1990年12月14日
アメリカ合衆国の旗1990年
メガドライブ マイクロニクス トレコ 4メガビットロムカセット[1] 日本の旗T-24013
アメリカ合衆国の旗T-24016
-
4 アトミックロボキッド
日本の旗1990年12月20日 X68000 UPL システムサコム 5インチフロッピーディスク - -
PCエンジン版
1990年1月19日発売。タイトルは『アトミックロボキッドスペシャル』(ATOMIC ROBO-KID Special)。UPLから発売された。
アレンジ移植となっており、ライフ制が併用されている。それに伴いライフ回復アイテムが追加されている、自機が最初から飛行可能などの違いがある。
メガドライブ版
1990年12月14日発売。発売元はトレコ。開発はマイクロニクス。オープニングやステージ間に文字表示はカタカナのみであるがストーリーデモが付く。
X68000版
1990年発売。発売元はシステムサコム。アーケード版の仕様に忠実な移植になっている。

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイン:藤沢勉
  • チーフ・プログラム:新井利男
  • キャラクター・デザイン:藤沢勉、たじまとくひさ
  • 背景デザイン:にへいのりこ、角田明美
  • エフェクト:あべこうじ
  • 作曲・音楽:メカノアソシエイツ

評価[編集]

PCエンジン版

ゲーム誌「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.6点(満30点)となっている[2]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.5 3.5 3.4 3.5 3.7 3.5 21.6
メガドライブ版

ゲーム誌「ファミコン通信」のクロスレビューでは合計21点(満40点)[3]、「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.72点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.52 3.12 2.96 3.28 2.96 2.88 18.72

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「7月号特別付録 MEGADRIVE ALL CATALOG」、『メガドライブFAN』第3巻第7号、徳間書店1991年7月15日、 39頁。
  2. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 559頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  3. ^ アトミックロボキッド [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]