はるかぜ (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はるかぜ
海上自衛隊第1術科学校で保管中のはるかぜ(2000年12月)
艦歴
発注 1953年
起工 1954年12月15日
進水 1955年9月20日
就役 1956年4月26日
1981年3月27日(特務艦に転籍)
退役
その後
除籍 1985年3月5日
要目
排水量 基準 1,747トン
全長 109m
全幅 10.5m
吃水 3.74m
機関 三菱エッシャーウイス式衝動式蒸気タービン2基
日立バブコック・アンド・ウィルコックス式インテグラルファネス式缶
2軸推進、30,000PS
最大速 30ノット
乗員 240名
兵装 Mk.30 38口径5インチ単装砲 3門
Mk.2 40mm4連装機関砲 2基
54式ヘッジホッグ 2基
54式爆雷投射機K砲 8基
54式爆雷投下軌条 2基
Mk.2短魚雷落射機 2基(1959年装備)
電子装置 US SPS-6B 対空レーダー
OPS-3 水上レーダー
US Mk34射撃用レーダー
Mk51 Mod3射撃指揮装置→スイス・コントラバス社製射撃指揮装置に換装
Mk63 Mod10射撃指揮装置
US QBHa捜索ソナー

→SQS-11A→SQS-30に換装
US QDA攻撃用ソナー→SQR-4/SQA-4に換装
OLR-3 ESM→OLR-4に換装

はるかぜローマ字JDS Harukaze, DD-101ASU-7002)は、海上自衛隊護衛艦はるかぜ型護衛艦の1番艦。旧海軍神風型駆逐艦 (初代)「春風」、神風型駆逐艦 (2代)春風」に続き日本の艦艇としては3代目。

艦歴[編集]

「はるかぜ」は、昭和28年度甲型警備艦1601号艦として、三菱重工業長崎造船所1954年(昭和29年)12月15日に起工、1955年(昭和30年)9月20日進水、1956年(昭和31年)4月26日に就役の後に佐世保地方隊に編入された。

1957年4月1日第2護衛隊群に編入され旗艦となる。

1958年(昭和33年)1月14日から2月25日の間で練習艦隊による海上自衛隊初のハワイ方面への遠洋練習航海が実施され、旗艦として参加、同年8月6日から10月10日に行われたハワイ・北米方面への第2回遠洋練習航海にも旗艦として参加している。なお、同年3月に行われた定期修理の際に5インチ砲用射撃指揮装置をMk-51からスイス・コントラバス社製射撃指揮装置に換装している。また、同年4月1日付で、第1護衛隊群に旗艦として編入され、定係港が横須賀へ転籍となっている。

1959年(昭和34年)1月20日から3月20日まで三菱重工長崎造船所において大規模な兵装の改修が行われ、後部の爆雷投射機4基、爆雷投射軌条1条を撤去し、Mk2短魚雷落射機を両舷に各1基装備し、対潜アクティブソーナーをQHBaからSQS-11Aに、パッシブソーナーをQDAからSQR-4/SQA-4に換装した。また、敵味方識別装置の新設、電子戦装置をOLR-3からOLR-4へ換装し、戦闘区画諸室への冷暖房通風設備の新設などの工事が実施された。

1960年(昭和35年)2月には洋上給油装置が装備された。

1967年(昭和42年)3月にソナーをSQS-30に換装した。

1961年(昭和36年)2月1日、第2護衛隊群に編入され、定係港も佐世保へ転籍となる。

1969年(昭和44年)10月15日、佐世保地方隊に編入。

1971年(昭和46年)2月1日、僚艦「ゆきかぜ」とともに第3護衛隊群隷下に第12護衛隊を新編し編入された。なお、両艦が護衛隊を編成するのはこれが初めてであった。

1973年(昭和48年)12月16日、第12護衛隊が解隊となり、第1潜水隊群に直轄艦として編入され、定係港もに転籍となる。潜水艦訓練の支援任務に従事するため、艦尾の爆雷投射機、爆雷投下軌条を撤去し、訓練魚雷揚収ダビット、魚雷搭載用架台などを設置した。

1981年(昭和56年)3月27日、特務艦に種別変更され、艦籍番号がASU-7002に変更となる。

1985年(昭和60年)3月5日に除籍。

2002年(平成14年)海上自衛隊第1術科学校で桟橋として係留保管されていたが、塩害による傷みが著しく進行したため売却、解体された。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第63集 自衛艦史を彩った12隻』(海人社、2003年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)