Twitter文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Twitter文学賞(ツイッターぶんがくしょう)とは、日本のTwitterユーザーである「Twitter文学賞事務局」が運営する文学賞アメリカサンフランシスコのTwitter社は一切関与していない。

他の文学賞とは異なり、作家評論家が選考に携わらず、一般のユーザーがTwitter上で、その年に最も面白いと思った小説を投票(ツイート)することで決まるところに特徴がある。

発起人は書評家豊崎由美で、2011年に第1回「Twitter文学賞 ツイートで選ぶ2010年ホントに面白かった小説」を開催。以降、毎年開催されている。第4回は、東京国際文芸フェスティバルのサテライトイベントとして開催された。

毎回、結果発表日には、石井千湖大森望佐々木敦杉江松恋豊崎由美による座談会をUSTREAM配信している。

結果[編集]

国内編1位

受賞者 受賞作 出版社 得票
第1回(2010年) 盛田隆二 『二人静』 光文社 27票/560票
第2回(2011年) 津原泰水 『11 eleven』 河出書房新社 50票/584票
第3回(2012年) 小田雅久仁 『本にだって雄と雌があります』 新潮社 72票/646票
第4回(2013年) 松田青子 『スタッキング可能』 河出書房新社 57票/776票
第5回(2014年) 木下古栗 『金を払うから素手で殴らせてくれないか?』 講談社 42票/632票
第6回(2015年) 舞城王太郎 『淵の王』 新潮社 44票/616票

海外編1位

受賞者 受賞作 出版社 得票
第1回(2010年) ミランダ・ジュライ
岸本佐知子
『いちばんここに似合う人』 新潮社 28票/335票
第2回(2011年) ジュノ・ディアス
都甲幸治
久保尚美
『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』 新潮社 43票/475票
第3回(2012年) ウラジーミル・ソローキン
望月哲男
松下隆志
『青い脂』 河出書房新社 35票/465票
第4回(2013年) ローラン・ビネ
高橋啓
『HHhH (プラハ、1942年)』 東京創元社 60票/520票
第5回(2014年) 閻連科
谷川毅
『愉楽』 河出書房新社 34票/470票
第6回(2015年) ケン・リュウ
古沢嘉通
『紙の動物園』 早川書房 48票/496票

関連項目[編集]

外部リンク[編集]