S☆UTHERN CROSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
S★UTHERN CROSSから転送)
移動先: 案内検索
S☆UTHERN CROSS
出身地 日本の旗 日本 鹿児島県 鹿児島市
ジャンル J-POP
活動期間 2011年4月 -
事務所 スターゲートプロダクション
公式サイト S☆UTHERN CROSS(サザン☆クロス)オフィシャルWEBサイト
メンバー メンバーを参照
旧メンバー 元メンバーを参照

S☆UTHERN CROSSサザン☆クロス、単にサザンクロスとも)は、2011年4月に結成された鹿児島県のご当地女性アイドルグループである。鹿児島市に拠点をおく芸能プロダクションのスターゲートプロモーションが運営し、親善大使のような活躍で地域を元気づけることを目標に、商店街や自治体のイベント出演など、地元密着の仕事が多い地元PR型アイドル[1]である。

経歴[編集]

2011年[編集]

九州新幹線鹿児島〜博多間全線開業を記念し、鹿児島県初の観光PRアイドルユニットとして2011年4月にS☆UTHERN CROSSは結成された[2][3]AKB48にあやかって、鹿児島プロモーション評議会の民間有志が企画した[2]。2010年暮れからメンバー募集を開始し、翌春、「かごしま検定」を使って地域の予備知識を審査するなどオーディションを実施し、応募者約150人の中から中高生や短大生、OL、主婦、看護師など14歳から31歳の15人を選び[2]、1期生として13名で活動を開始した。

初ライブは2011年7月31日に鹿児島市にある「SRホール」で開催され[4]、以降7月と8月だけで県内外で6つのイベントに出演し、鹿児島を応援するオリジナル曲「チェスト」を披露した[5]

2012年[編集]

シアターegg(入口付近の様子)

2012年は大きな成長の年となった。最初の成果は定期的にライブが行える拠点を得たことである。2012年4月に鹿児島市の繁華街「天文館」にある「カリーノ天文館」6Fにライブとレッスンを行うための拠点として「シアターegg」が開設され、定期ライブやメンバーの生誕祭といったイベントや、グッズ販売を行えるようになった。また、新たに2期生が加入した。2012年8月の時点では、14歳から22歳の11人が県内外のイベントなどで活動している[3]

活動の場もさらに広がった。4月にはかごしま春祭大ハンヤ2012で二日間にわたりライブを実施した[6]ほか、同じく鹿児島市を拠点とする第十管区海上保安本部からマリンレジャー安全推進ガールに任命され、鹿児島本港区北埠頭芝生公園で開かれた安全推進イベントで118番通報の周知活動に携わった[7]

7月にはいおワールドかごしま水族館で開かれたイベントでライフジャケットの着用などを呼びかけた[8]

8月には鹿児島県庁で行われた贈呈式にメンバー7人で出席し、本場大島紬織物協同組合から大島紬で作ったシュシュを贈られ、県庁内でライブを実施した[3][9]

10月には鹿児島市交通局の市電「青パト電車」の出発式に出席し、地元の幼稚園児らに防犯標語「いかのおすし」の意味を説明するなどした[10]ほか、一般希望者も見学できる海上保安庁の海上総合訓練では、訓練終了後におおすみ船上でライブが行われた[11]

また、県外への進出も積極的に行われた。5月にNHKラジオが東京・渋谷で開いた「U.M.U ご当地アイドルフェスティバル」に九州から唯一選ばれ[1][12]、5月と7月にNHKラジオに出演した[13][14]。6月からは鹿児島県の観光PRのため「日本1周!かごしまPR行脚!!」開始した。3年を目途に47都道府県を訪問する計画である。

その後、大阪や名古屋、広島など10都市で鹿児島をPR。9月には、JR博多駅で開かれた「鹿児島観光物産展」でライブを行っている[15]

2013年[編集]

3月8日、に鹿児島市内にてライブ活動で集めた募金などを東日本大震災の被災地に届ける出発式を行い、宮城県気仙沼市に向かった[16]。同月11日、義援金と横断幕を直接気仙沼市長に手渡し、同じく支援活動を行っている鹿児島県出身の柏木由紀をはじめとするAKB48のメンバー6人と交流した[17]

3月31日には鹿児島中央駅のアミュ広場にて3期生公開オーディションが行われ[18]、新たに3期生が加わった。

7月27・28日に開催される、世界最大のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL」(TIF)に初出場を果たす。 8月にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で企画された、地元のローカルアイドルがご当地自慢を紹介する町おこしキャンペーン「全国『あまちゃん』マップ」で鹿児島県担当に選ばれた。

7月、鹿児島県黒豚生産者協議会より「かごしま黒豚応援隊」また8月には、日頃活動拠点としている鹿児島の中心市街地天文館の11の通り会で構成されるWelove天文館協議会より「天文館公認アイドル」として任命される。

9月14日~16日、福岡市の博多駅前で開催された「鹿児島観光物産展」に昨年に続き参加。出店ブースに各メンバーが立ち試飲試食や商品、観光地の説明をし観光PRアイドルとして存在を大いに発揮した。

10月13日、10月生まれメンバーの生誕祭にて愛華が復活

10月27日、2期生えりか卒業ライブ

2014年[編集]

4月、NHKキャンペーン「全国『あまちゃん』マップ」の後継企画「恋する地元キャンペーン」においても引き続き鹿児島県担当に選ばれた。

メンバー[編集]

2016年4月2日時点のメンバー[編集]

加入 名前 ニックネーム 誕生日 星座 血液型 備考
1期生 愛華 10月23日 てんびん座 A
もりさ 姉御 10月25日 さそり座 AB
しおり しーちゃん 3月15日 うお座 B
2期生 まい まいきゅん 3月24日 おひつじ座 O
3期生 ひかり ぴかりん 1月25日 みずがめ座 A
ゆりか 姐さん 4月9日 おひつじ座 O
4期生 あやの あやのってぃー 11月1日 さそり座 -
ゆうな うな 7月24日 しし座 AB
研究生 とも

元メンバー[編集]

1期生
ゆき、貴城、すず、ぽち、ゆま、てんこ、しお、アンジー、ななみ、ミンボー
1.5期生
瑠璃
2期生
すみれ、那央、綾美、心結、えりか、きらら
2.5期生
あやか
3期生
ゆうか、あきな、RIKA

楽曲[編集]

下記のオリジナルソングがある。

  • チェスト!〜ゲンキのしるし〜 - おはら節をアレンジした楽曲である。作詞・作曲は有村トモナリ[4]
  • STANCE(作詞・作曲:有村トモナリ)
  • サザンウインド(作詞・作曲:有村トモナリ)
  • I will
  • 流れ星(作詞・作曲:アヤト
  • Field ON!
  • チョットシタコト(作詞:保田雅博、作曲:森川輝)
  • 僕らに真夏がくる(作詞:まい、作曲:CHEEBOW
  • しろくま♥ランデブー(作詞・作曲:宮井紀之) - 振り付けをラッキィ池田が担当
  • お魚ソンGOOD!(作詞・作曲:愛華) - メンバーの一人である愛華による作詞・作曲

このほか、カバー曲としてAKB48を中心にSKE48NMB48ももいろクローバーZSUPER☆GiRLSなど約30曲がある。

2013年3月、メンバー内の「しおり」と「えりか」が「ハイスクールシンガー」としてユニット名「SEIRA」で「ドラマティック☆マイダーリン」で配信デビューを果たした。


メディア[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • U.M.U ご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦 (2012年5月3日、NHKラジオ第1)[14]
  • AKB48×泥芸人!wktkラヂオ学園 (2012年7月8日、NHKラジオ第1)[13]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “九州アイドル戦国時代 レベル底上げ、全国区に躍進 /西部・共通”. 朝日新聞. (2012年5月8日) 
  2. ^ a b c 薮宏之 (2011年4月4日). “九州を元気に サザンクロス アイドルユニット発足 まずはチーム鹿児島/裕・遊・悠 芸能トピックス”. 西日本新聞 
  3. ^ a b c “ご当地アイドルに大島紬シュシュ=鹿児島”. 読売新聞. (2012年8月24日) 
  4. ^ a b “鹿児島のアイドルグループ「S☆UTHERN CROSS」が初ライブ-観光をPR”. 鹿児島経済新聞. (2011年7月4日). http://kagoshima.keizai.biz/headline/137/ 2013年3月20日閲覧。 
  5. ^ 鹿児島のご当地アイドル活躍中 「サザンクロス」9人”. 南日本新聞 (2011年9月26日). 2012年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月30日閲覧。
  6. ^ “◎九州みるるん・おでかけ情報=イベント”. 熊本日日新聞. (2012年4月18日) 
  7. ^ “大型連休 好天スタート=鹿児島”. 読売新聞. (2012年4月29日) 
  8. ^ “[ぐるり鹿児島]7月11日=鹿児島”. 読売新聞. (2012年7月11日) 
  9. ^ “(青鉛筆)ご当地アイドルに大島紬のシュシュ 伝統工芸品をPR 鹿児島 【西部】”. 朝日新聞. (2012年8月24日) 
  10. ^ 垂水友里香 (2012年10月11日). “青パト電車- 出発進行 防犯呼びかけ市電に標語 塗装費は市遊技事業組合負担--鹿児島市交通局 /鹿児島”. 毎日新聞 
  11. ^ “鹿児島県/巡視船から訓練見学 10月14日希望者1900人募集 10管本部/南九州ワイド”. 西日本新聞. (2012年8月17日) 
  12. ^ “新世界でご当地アイドル競演-大阪「翔ギャン」・鹿児島「サザンクロス」”. あべの経済新聞. (2012年9月3日). http://abeno.keizai.biz/headline/568/ 
  13. ^ a b KB48×泥芸人!wktkラヂオ学園”. NHKラジオ. 2013年3月29日閲覧。
  14. ^ a b NHK-FMブログ”. NHKオンライン (2012年5月1日). 2013年3月29日閲覧。
  15. ^ “鹿児島物産展 JR博多駅で きょうまで=福岡”. 読売新聞. (2012年9月9日) 
  16. ^ “鹿児島のご当地アイドル「サザン★クロス」 被災地へ”. 南日本新聞. (2013年3月10日). http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=46898 2013年3月21日閲覧。 
  17. ^ 携帯アップロード|Facebook”. southerncross (2013年3月11日). 2013年4月9日閲覧。
  18. ^ 「かごしまご当地キャラ大集合!」『TJカゴシマ』395号、斯文堂、2013年
  19. ^ “<SHOWBIZ>日本一決定!ご当地アイドルNo.1は?”. TVエキスプレスサーチ. (2011年12月28日) 
  20. ^ “クロスメディア@KKB /鹿児島県”. 朝日新聞. (2012年10月4日) 
  21. ^ “「夢」力強く大書、生放送盛り上げ KKB30周年 /鹿児島県”. 朝日新聞. (2012年10月7日) 
  22. ^ 「究極×シャッフル☆ロコドル大作戦」,新ロコドル4組23名が10月17日に参加”. 4GEMER.NET(配信元:ビクターエンタテインメント) (2012年10月16日). 2013年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]