NHK筑波中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NHK筑波中継局(えぬえいちけいつくばちゅうけいきょく)はNHK水戸放送局茨城県つくば市山口の不動峠南方高地に設置するテレビジョン放送中継局である。

概要[編集]

現在の状況[編集]

  • NHK水戸総合テレビは2011年(平成23年)9月5日以降、筑波中継局の受信エリアが大きく広がる[1]

送信施設概要[編集]

デジタルテレビ放送[編集]

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 実効輻射電力 放送対象地域 運用開始日
1 NHK
水戸総合
49ch 20W[2] 230W[2] 茨城県 2007年(平成19年)10月1日
  • 開局当初は近隣で同じチャンネルを使用していたNHK東京教育アナログ中継局との混信を防ぐため、送信アンテナに指向性(下向きチルト)がかけられていた[要出典]。このため放送区域内世帯数は12万9917世帯にとどまっていた。
  • アナログ放送終了に伴い指向性解除が許可され[要出典]2011年(平成23年)9月5日からは県南地区のほぼ全域をカバーするエリア拡大が行われた。これにより放送区域内世帯数は3.5倍超の43万5954世帯に増える[1]
  • 県南の基幹中継局に位置づけられたため[3]、アナログより[4]増力となる。

アナログテレビ放送[編集]

2011年(平成23年)7月24日運用終了時点のもの。

チャンネル 放送局名 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
放送対象地域 放送区域内世帯数
45[4] NHK
東京総合
10W[4]/2.5W 105W/26W[要出典] 関東広域圏[5] 不明
47[4] NHK
東京教育
全国放送

偏波面[編集]

  • デジタルテレビ…垂直偏波
  • アナログテレビ…水平偏波[4]

歴史[編集]

  • アナログ中継局の開局時期は不明。
  • 2007年(平成19年)
  • 2011年(平成23年)
    • 7月24日 - 23:59をもってアナログ放送を終了。総合デジタル局のみとなる。
    • 8月18日 - 総合デジタルのエリア変更が許可。
    • 9月5日 - 当デジタル中継局の放送エリアが拡大。

デジタル放送のエリア[編集]

太字は、開始当初からのエリア。※は、当該自治体の全域が対象(エリア拡大後)[1]

茨城県
つくば市土浦市※、石岡市下妻市※、常総市※、筑西市かすみがうら市古河市結城市取手市潮来市守谷市桜川市行方市鉾田市小美玉市龍ケ崎市※、牛久市※、坂東市※、稲敷市※、つくばみらい市※、稲敷郡のうち美浦村※、阿見町※、河内町※、猿島郡のうち境町※、五霞町結城郡八千代町※、北相馬郡利根町
埼玉県
春日部市幸手市北葛飾郡杉戸町の各一部
千葉県
野田市成田市香取市印旛郡栄町香取郡神崎町の各一部

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]