NGC 1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NGC 1
en:NGC 1
NGC1 NGC2 - SDSS DR14.jpg
NGC 1(中央)とNGC 2(下)
星座 ペガスス座
見かけの等級 (mv) 13.65[1]
視直径 1′.549 × 1′.023
分類 SA(s)b
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  00h 07m 15.86s[1]
赤緯 (Dec, δ) +27° 42′ 29.7″[1]
赤方偏移 0.015160[1]
視線速度 (Rv) (4545 ± 5 km/s)[1]
距離 1億9000万光年 (5800 Mpc) [1]
他のカタログでの名称
UGC 00057, PGC 000564, Holm 2A[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 1は、ペガスス座の方向に約1億9000万光年離れた位置にある渦巻銀河である。直径は約9万光年で、我々の銀河系よりも少し小さい。ニュージェネラルカタログに登録された最初の天体である[1]。カタログが編纂された1860年当時では、この天体は最も赤径の小さい天体であったため、赤径順で並べられたNGCカタログの最初に来ることになった[2]。その後、様々な天体がリストに追加され、現在では最も赤径が小さいわけではなくなっている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 1. 2006年11月4日閲覧。
  2. ^ Dreyer, J. L. E., "New General Catalogue of Nebulae and Clusters of stars (1888)", Memoirs of the Royal Astronomical Society, 49. p3, Royal Astronomical Society, 1962.
  3. ^ Erdmann, R.E., Jr., The Historically Corrected New General Catalogue of Nebulæ and Clusters of Stars, p12, retrieved and archived 13th June 2008.