NGC 47

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NGC 47
NGC 47
NGC 47 (2MASS)
観測データ (J2000.0 元期)
星座 くじら座
赤経 00h 14m 30.6s[1]
赤緯 -07° 10′ 03″[1]
赤方偏移 0.019013[1]
距離 ~236 Mly (redshift)
タイプ SB(rs)bc[1]
角直径 (V) 2′.2 × 2′.1[1]
等級 (V) 13.5[1]
大きな特徴 none
別名
NGC 58,[1] PGC 967,[1] MCG 1-1-55,[1] IRAS 00119-0726[1]
銀河銀河の一覧も参照

NGC 47は、くじら座の方向にある棒渦巻銀河で、1886年にエルンスト・テンペルによって発見された。後にルイス・スウィフトが再発見し、テンペルの発見を知らずに届け出たため、NGC 58という名前が重複して与えられた。楕円の明るい核を持つ小さな渦巻き状に見える。

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 47. 2006年11月25日閲覧。