NGC 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 7
en:NGC 7
NGC 7
GALEXによるNGC 7の紫外線画像
星座 ちょうこくしつ座
視等級 (V) 13.5[1]
視直径 2.2' x 0.5'[1]
位置
赤経 (RA, α) 00h 08m 20.9s
赤緯 (Dec, δ) -29° 54′ 54″
赤方偏移 0.004987[1]
視線速度 (Rv) 1495 ± 2 km/s[1]
距離 71.4 ± 5.2 M光年
(21.9 ± 1.6 Mpc)[2]
別名称
別名称
MCG-05-01-037, ESO 409-G022, AM 0005-301, PGC 627, h 4014, GC 2[3]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 7は、ちょうこくしつ座の方角にある渦巻銀河である。1834年にイギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが口径18.7の反射望遠鏡を用いて発見した[3]。天文学者のスティーブ・ゴットリーブは、この銀河を「ぼんやりしていてアルベドは大きく、銀河系の奥行きに対して真横を向いている」と記述している。また彼は、直接観測するのではなく、周辺視野として見ることでのみ、くっきりとした像が観察できるとも記している[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 0007. 2010年5月3日閲覧。
  2. ^ Distance Results for NGC 0007”. NASA/IPAC Extragalactic Database. 2010年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c DSS Images for NGC 000 thru NGC 099”. NGC/IC Project. Association of Universities for Research in Astronomy, Inc.. 2008年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]