NGC 91

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 91
SDSSのデータから作成したNGC 91周辺の画像。
SDSSのデータから作成したNGC 91周辺の画像。
星座 アンドロメダ座
見かけの等級 (mv) 14.4[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  00h 21m 51.6259810117s[2]
赤緯 (Dec, δ) +22° 22′ 05.616896888″[2]
固有運動 (μ) 赤経: -2.236 ミリ秒/[2]
赤緯: -3.143 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 0.4985 ± 0.0399ミリ秒[2]
(誤差8%)
距離 6500 ± 500 光年[注 1]
(2000 ± 200 パーセク[注 1]
物理的性質
半径 2.12 +0.27
−0.23
R[2]
光度 4.345 ± 0.794 L[2]
表面温度 5,730 +330
−338
K[2]
他のカタログでの名称
UCAC2 39602310, 2MASS J00215163+2222055[3]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 91は、アンドロメダ座恒星である。見かけの等級は14で、銀河NGC 90の南およそ2に位置する[3]。1866年にヘルマン・シュルツ英語版が発見した[1]

経緯[編集]

ニュージェネラルカタログには、「とても暗く、とても小さく、13等星が南西にみえる」と記述されている[4]。しかし、この特徴はNGC 90と一致するもので、赤道座標地球歳差を補正すると、NGC 90の腕の辺りに来る[1]。NGC 90との座標の差も、別の天体を指すものとはみえない。NGC 91は「ロス卿」ウィリアム・パーソンズの助手R・ミッチェルが発見し、ハインリヒ・ダレストも観測している、とされたが、彼らはいずれもNGC 90をNGC 91として観測していたものと考えられ、一方シュルツがNGC 90、NGC 93と共に観測した位置には恒星が実在し、これがNGC 91とみなされている。他に、ギヨーム・ビゴルダンもこの恒星を観測している[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算

出典[編集]

  1. ^ a b c Seligman, Courtney. “New General Catalog Objects: NGC 50 - 99”. 2020年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Gaia Collaboration (2018-04), “Gaia DR2”, VizieR On-line Data Catalog: I/345, Bibcode2018yCat.1345....0G 
  3. ^ a b UCAC2 39602310 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2020年5月14日閲覧。
  4. ^ Dreyer, J. L. E. (1888), “A New General Catalogue of Nebulæ and Clusters of Stars, being the Catalogue of the late Sir John F. W. Herschel, Bart, revised, corrected, and enlarged”, Memoir of the Royal Astronomical Society 49: 1-237, Bibcode1888MmRAS..49....1D 
  5. ^ Corwin, H. G., Jr. (2004-11), “History and Accurate Positions for the NGC/IC Objects”, VizieR On-line Data Catalog: VII/239A, Bibcode2004yCat.7239....0C 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 00h 21m 51.6259810117s, +22° 22′ 05.616896888″