NGC 401

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 401
SDSSのデータによるNGC 401周辺の画像。
SDSSのデータによるNGC 401周辺の画像。
星座 うお座[1]
見かけの等級 (mv) 15.4[1]
位置
赤経 (RA, α)  01h 09m 07.7758927408s[2]
赤緯 (Dec, δ) +32° 45′ 36.473711271″[2]
固有運動 (μ) 赤経: 9.285 ミリ秒/[2]
赤緯: -15.408 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 1.2424 ± 0.0401ミリ秒[2]
(誤差3.2%)
距離 2630 ± 80 光年[注 1]
(800 ± 30 パーセク[注 1]
物理的性質
半径 0.81 +0.02
−0.06
R[2]
光度 0.352 ± 0.026 L[2]
表面温度 4,935 +198
−50
K[2]
他のカタログでの名称
2MASS J01090777+3245366[3]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 401は、うお座恒星である。1866年12月30日に、「ロス卿」の望遠鏡で観測をしていたロバート・ボールによって発見された[1]

特徴[編集]

ニュージェネラルカタログでは、「極めて暗い、恒星状の天体、東にNGC 403英語版がある」と説明されている[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算

出典[編集]

  1. ^ a b c Seligman, Courtney. “New General Catalog Objects: NGC 400 - 449”. 2020年5月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Gaia Collaboration (2018-04), “Gaia DR2”, VizieR On-line Data Catalog: I/345, Bibcode2018yCat.1345....0G 
  3. ^ Cutri, R. M.; et al. (2003-06), “2MASS All-Sky Catalog of Point Sources”, VizieR On-line Data Catalog: II/246, Bibcode2003yCat.2246....0C 
  4. ^ Dreyer, J. L. E. (1888), “A New General Catalogue of Nebulæ and Clusters of Stars, being the Catalogue of the late Sir John F. W. Herschel, Bart, revised, corrected, and enlarged”, Memoir of the Royal Astronomical Society 49: 1-237, Bibcode1888MmRAS..49....1D 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 01h 09m 07.7758927408s, +32° 45′ 36.473711271″