NGC 46

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 46
SDSS のデータにみられるNGC 46
SDSS のデータにみられるNGC 46
星座 うお座[1]
視等級 (V) 11.68[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 00h 14m 09.8802403693s[3]
赤緯 (Dec, δ) +05° 59′ 15.827519266″[3]
視線速度 (Rv) -1.17 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: 19.886 ミリ秒/[3]
赤緯: 2.416 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 2.2401 ± 0.0495ミリ秒[3]
(誤差2.2%)
距離 1460 ± 30 光年[注 1]
(446 ± 10 パーセク[注 1]
物理的性質
半径 1.51 +0.04
−0.14
R[3]
光度 2.38 ± 0.07 L[3]
表面温度 5,829 +294
−76
K[3]
別名称
別名称
TYC 8-572-1, GSC 00008-00572, 2MASS J00140989+0559158[2]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 46は、うお座の方角に太陽系からおよそ1,500光年離れた場所にある恒星である。

特徴[編集]

大きさの比較
太陽 NGC 46
太陽 Exoplanet

1852年10月22日に、アイルランド天文学者エドワード・クーパー英語版によって発見された[4]ニュージェネラルカタログでは、「星雲」と記録された[5]。但し、元になったジェネラルカタログで、ジョン・ハーシェルが参照したアルトゥル・アウヴェルスのカタログでは、星雲状の恒星と記されている[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算

出典[編集]

  1. ^ Revised NGC Data for NGC 46”. spider.seds.org. 2017年10月5日閲覧。
  2. ^ a b c TYC 8-572-1 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2018年7月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Gaia Collaboration (2018), “Gaia DR2”, VizieR On-line Data Catalog: I/345, Bibcode2018yCat.1345....0G 
  4. ^ a b New General Catalogue objects: NGC 1 - 49”. 2018年7月16日閲覧。
  5. ^ Dreyer, J. L. E. (1888), “A New General Catalogue of Nebulæ and Clusters of Stars, being the Catalogue of the late Sir John F. W. Herschel, Bart, revised, corrected, and enlarged”, Memoir of the Royal Astronomical Society 49: 1-237, Bibcode1888MmRAS..49....1D 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 00h 14m 09.8802403693s, +05° 59′ 15.827519266″