NGC 453

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NGC 453
SDSSのデータから作成したNGC 453周辺の画像。
SDSSのデータから作成したNGC 453周辺の画像。
星座 うお座
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 01h 16m 17.42s[1]
赤緯 (Dec, δ) +33° 00′ 51.0″[1]
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 453は、うお座にある三重星である。1881年11月10日に、エドゥアール・ステファンによって記録されたのが最初とみられる[2]

ニュージェネラルカタログには、「非常に暗く、非常に小さく、丸く、非常に暗い恒星を含んでいる」と記されている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b Results for object NGC 0453”. NASA / IPAC Extragalactic Database. Caltech. 2018年8月16日閲覧。
  2. ^ Seligman, Courtney. “New General Catalog Objects: NGC 450 - 499”. 2018年8月16日閲覧。
  3. ^ Dreyer, J. L. E. (1888), “A New General Catalogue of Nebulæ and Clusters of Stars, being the Catalogue of the late Sir John F. W. Herschel, Bart, revised, corrected, and enlarged”, Memoir of the Royal Astronomical Society 49: 1-237, Bibcode1888MmRAS..49....1D 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 01h 16m 17.42s, +33° 00′ 51.0″