NGC 281

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 星図 00h 52m 25.1s, +56° 33′ 54″

NGC 281[1]
可視光(赤と黄)と紫外線(青)で撮影したNGC 281
可視光(赤と黄)と紫外線(青)で撮影したNGC 281
星座 カシオペヤ座
分類 HII領域[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  00h 52m 25.1s[1]
赤緯 (Dec, δ) +56° 33′ 54″[1]
赤方偏移 -0.000112[1]
視線速度 (Rv) -33.7 km/s[1]
距離 9500光年[2](2900パーセク)
物理的性質
半径 48光年
別名
別名
Template (ノート 解説) ■Project

NGC 281は、カシオペヤ座に位置するHII領域で、ペルセウス腕の一部である。散開星団 IC 1590重星 HD 5005、複数のボック・グロビュールを含んでいる。パックマンのキャラクターに似ているのでパックマン星雲[4][5](Pacman Nebula[6])とも呼ばれている。

この星雲は1883年8月にエドワード・エマーソン・バーナードにより発見された。バーナードは、大きくかすかな星雲で、とても広がっている、と述べている。

重星HD 5005はとも呼ばれており、シャーバーン・バーナムによって発見された。8等星の主星と4つの伴星で構成され、1.4から15.7秒離れて見える。この5重星系は、1875年の最初の観測より明確な変化は見られていない。

この星雲は、空の暗い場所であればアマチュアが天体望遠鏡で見ることができる。アマチュア天文家のen:Walter Scott Houstonは、著書『Deep Sky Wonders』で小口径の天体望遠鏡での見え方を記述している[7]

画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h SIMBAD Astronomical Database”. Results for NGC 281. 2016年1月4日閲覧。
  2. ^ Leass, E. A.; Biller, B.; Dame, T. M.; Megeath, S. T. (2001). “An Expanding Complex of Molecular Clouds High Above the Perseus Spiral Arm”. American Astronomical Society, 199th AAS Meeting, #91.16; Bulletin of the American Astronomical Society 33: 1439. Bibcode2001AAS...199.9116L. 
  3. ^ NED results for object NGC 0281”. NASA/IPAC Extragalactic Database. IPAC. 2018年6月20日閲覧。
  4. ^ 似てる? 宇宙で輝くパックマン星雲”. AstroArts (2011年10月31日). 2016年1月4日閲覧。
  5. ^ パックマン星雲、NGC 281”. ナショナルジオグラフィック (2011年9月29日). 2016年1月4日閲覧。
  6. ^ 'Pacman' Nebula Gets Some Teeth”. NASA (2011年10月26日). 2016年1月4日閲覧。
  7. ^ Houston, Walter Scott (2005). Deep-Sky Wonders. Sky Publishing Corporation. ISBN 1-931559-23-6 

関連項目[編集]

  • NGC 246 - 同じ愛称を持つ天体

外部リンク[編集]