GNU/Linuxシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

GNU/Linuxシステム(ないしGNU/Linuxオペレーティングシステム、略してGNU/Linux)は、一般に「Linux」と呼ばれているものが、GNUプロジェクトによるソフトウェアを数多く利用しているとして、その呼称としてGNUプロジェクト側が主張した呼称である。

由来[編集]

一般にLinuxを使用する場合、「カーネルとしてLinuxカーネルを使用し、その他の必須ソフトウェアにGNUプロジェクトが開発しているものを使用」しているものがほとんどである。そのためこのようなシステムを「GNU/Linuxシステム」と呼ぶべきだとGNUプロジェクトは主張している[1]。Linux開発者のリーナス・トーバルズもこれを受け入れており、その定義に該当するものについては「GNU/Linux」と呼称している。

その他[編集]

Debianはその成立経緯などから、ディストリビューションの正式名を「Debian GNU/Linux」とするなどGNUプロジェクトを尊重する立場をとっている。またDebianプロジェクトは他のプロダクトにもこの命名方式を転用しており、カーネルにGNUプロジェクト製のカーネルHurdを使用しその他のGNUプロジェクト製ソフトウェアをあわせた「GNU/Hurd」や、FreeBSDのカーネルを使う「GNU/kFreeBSD」などがある。

なお、逆にGNUプロジェクトのプロダクトを一切使わないLinuxというものも、理屈では考えられるが、2015年現在、実用的なものとして広く知られているプロジェクトはまだない。特にカーネルのgcc以外(特にClang)でのコンパイルは、いくつか成功したという報告はあるが、本格的なものは2015年現在LLVMLinuxというプロジェクト[2]で進行中の状態である。また、カーネルとの結びつきが特に強いコンポーネントに標準Cライブラリがあるが、それについてはGNU Cライブラリ(glibc)以外にmuslなどがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Linux と GNU GNUプロジェクトによる、LinuxカーネルとGNUとの関係についての文章。
  2. ^ http://llvm.linuxfoundation.org/index.php/Main_Page