DSLinux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 DSLinux
Ds lite with slot-2 device running dslinux.jpg
M3アダプターを使用しDS Liteで実行中のDSLinux
OSの系統 Linux
開発状況 開発終了
ソースモデル オープンソース
対応プラットフォーム Nintendo DS
カーネル種別 μClinux改変版
ライセンス GNU GPLv2 もしくはそれ以上[1]
ウェブサイト www.dslinux.org
テンプレートを表示

DSLinux(ディーエス リナックス)はNintendo DSで動作するよう移植されたLinux
DSLinuxの開発は2010年に終了した。

ソフトウェア[編集]

DSLinuxは、改変されたμClinuxカーネル上で動作する。改変されたμClinuxは、uCLinux 2.6.14 (Linux-2.6.14-hsc0)をベースとしており、Textmode(コンソール) または コンソール上での専用ドライバの存在下で nano-x が動作する。下画面にキーボードが表示されることによってユーザーが入力することができる。

DsLinuxは、GCCベースのARMクロスコンパイラツールチェインによってコンパイルされている。

ncurseslibpcapSDL、他にも多くのライブラリがDSLinuxに移植されており、そのためDSLinuxにはncursesベースまたはフレームバッファベースのUIが使用されている。さらに基本的なシェルアプリケーションも提供されており、BusyBoxGNU Coreutilsが動作する。標準CライブラリはuClibcである。

サポートされているハードウェア[編集]

メモリの制限[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]