メインページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィキペディアへようこそ
ウィキペディアは誰でも編集できるフリー百科事典です

1,076,845本の記事をあなたと
モバイル版
Help for Non-Japanese Speakers
秀逸な記事を読む

選り抜き記事

陪審制(ばいしんせい)とは、一般市民から無作為で選ばれた陪審員が、刑事訴訟民事訴訟の審理に参加し、裁判官の加わらない評議によって事実認定と法の適用を行う司法制度である。陪審員の人数は6~12名のことが多く、その合議体を「陪審」という。陪審は、刑事事件では原則として被告人の有罪・無罪について、民事事件では被告の責任の有無や損害賠償額等について判断する。現在は主に、アメリカイギリスをはじめとするコモン・ロー諸国で運用されている。

陪審の起源は、少なくとも9世紀初頭のフランク王国で、国王の権利を確認するために地域の重要な者に証言させた制度 (Frankish Inquest) に遡ることができる。現代のような陪審制の形成については、12世紀のイングランド王ヘンリー2世の設けた制度と、1215年マグナ・カルタが大きく寄与している……
新しい記事を探す

新しい記事

新しい画像を探す

新しい画像

強化記事を読む

強化記事

季節の話題について

風物詩

もくじ

インフォメーション

ウィキペディアとウィキメディア・プロジェクトについて

ウィキメディアプロジェクト

ウィキペディアは日本語をはじめ約280の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営主体は非営利団体ウィキメディア財団です。ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。