アユタヤ歴史公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アユタヤ歴史公園
อุทยานประวัติศาสตร์อยุธยา
ワット・プラシーサンペット
ワット・プラシーサンペット
所在地 アユタヤ県
登録日時 1976年
歴史区分 アユタヤ王朝
公式サイト 文化省芸術局(タイ語)
アユタヤ歴史公園
: Ayutthaya Historical Park)の地図

アユタヤ歴史公園(アユタヤれきしこうえん)は、タイアユタヤにあるアユタヤ王朝の遺跡群。ユネスコ世界遺産に「古都アユタヤ」(: Historic City of Ayutthaya)として登録されている[1][2]

概要[編集]

アユタヤ遺跡群は、チャオプラヤー川とその支流であるパーサック川、ロップリー川に囲まれた中州に集中している。これは、敵からの防御を考えて中心部の回りに運河を掘ったことによるものである。ワット・プラシーサンペットワット・ローカヤスターラームなどの寺院跡、王宮跡が残る。

これらの遺跡を作ったのは1351年 - 1767年に存在したアユタヤ王朝である。この王朝は、ナーラーイ王時代には現在のラオスカンボジアミャンマーの一部を領有するほどの勢力を持っていた。中心都市であるアユタヤは、流れの穏やかなチャオプラヤー川に位置し、貿易に持ってこいの地形であった。この貿易に適した地で、王はその独占貿易で莫大な利益を収め、同時に上座部仏教を信仰していた王は、この莫大な利益をもとに数々の寺院(ワット)を作り出した。しかし、1767年ビルマ(ミャンマー)のコンバウン王朝による攻撃を受けてアユタヤ王朝は消滅した[3]。同時にアユタヤ市内の建造物や石像は徹底的に破壊され、ほとんどの寺院は廃寺となり、王宮も台座を残すのみとなった。世界的にみてアユタヤの建造物の多くが比較的新しい建造物であるにもかかわらず、そのほとんどが煉瓦のみになっているのは、このためである。

世界遺産[編集]

世界遺産 古都アユタヤ
タイ王国
ワット・プラシーサンペット
ワット・プラシーサンペット
英名 Historic City of Ayutthaya
仏名 Ville historique d'Ayutthaya
登録区分 文化遺産
登録基準 (3)
登録年 1991年
備考 タイ政府およびユネスコは遺産の具体的物件を明記していない。
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
アユタヤ歴史公園の位置
使用方法表示

1967年、アユタヤ遺跡の中心地域が正式にタイ芸術局により歴史公園に指定された。その後、1991年には芸術局によるユネスコへの推薦があり、歴史公園は世界遺産(文化遺産)に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

主な遺跡・場所[編集]

ワット・マハータート
ワット・マハータートにある仏頭
ワット・タンミカラート
ワット・チャイワッタナーラーム

歴史公園内の遺跡(世界遺産)[編集]

歴史公園内の遺跡以外[編集]

  • シーナカリン公園
  • ブン・プララーム公園
  • ウートーン王の像
  • クン・ペーンの家
  • タイ国政府観光庁アユタヤ事務所
  • 旧市庁舎
  • エレファント・キャンプ

アユタヤ東部[編集]

アユタヤ北部[編集]

アユタヤ西部[編集]

アユタヤ東南部[編集]

  • ワット・スワンダーラーラーム
  • ポームペット(城壁)

アユタヤ南部外国人町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Historic City of Ayutthaya”. World Heritage List. UNESCO World Heritage Centre. 2017年8月1日閲覧。
  2. ^ 地域別リスト(アジア②)”. 世界遺産一覧. 日本ユネスコ協会連盟. 2017年8月1日閲覧。
  3. ^ 『新版 東南アジアを知る事典』 平凡社2008年、20-22頁。ISBN 978-4-582-12638-9

関連項目[編集]

座標: 北緯14度21分25秒 東経100度34分3秒 / 北緯14.35694度 東経100.56750度 / 14.35694; 100.56750