麻布大学附属高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
麻布大学附属高等学校
AzabuUNIV Fuchinobe highschool.jpg
過去の名称 麻布獣医学園渕野辺高等学校
麻布大学附属渕野辺高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人麻布獣医学園
設立年月日 1961年
創立者 松野義重
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 理系(特進クラス、普通クラス)
文系(特進クラス、普通クラス)
体育系
学期 2学期制
高校コード 14566B
所在地 252-0206 
神奈川県相模原市中央区淵野辺1-17-50
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
麻布大学附属高等学校の位置(神奈川県内)
麻布大学附属高等学校

麻布大学附属高等学校(あざぶだいがくふぞくこうとうがっこう)は、神奈川県相模原市中央区淵野辺一丁目に所在する私立高等学校麻布大学附属学校である。2014年4月より校名を麻布大学附属渕野辺高等学校から麻布大学附属高等学校に変更した。それに伴い校歌も新たなものを制定した。2014年特進クラス・進学クラスを設置、体育系コースの募集を停止した。

概要[ソースを編集]

サッカー部は2004年全国高校サッカー初出場、そして2年連続出場を果たし、2008年にはインターハイに出場し2回戦まで勝ち残った。また2006年には馬術部がインターハイの団体戦で優勝した。また演劇部が2000年から3年連続全国大会出場、2004年から4年連続関東大会出場し、2006年2007年の関東大会では優秀賞を受賞した。 2008年に行われる第1回数学選手権に出場する。 2010年吹奏楽部が関東大会に出場している。 2013年自然科学部が 神奈川県高文連 連盟賞を受賞、2014年高校生バイオコンテスト 優勝2014年バイオものつくりコンテスト2014 優勝 をしている。2015年馬術部、陸上部が全国大会に出場、演劇部も関東大会に出場。 2016年硬式野球部が、秋季大会において、校名変更後初となる県大会出場。 2017年第99回全国高校野球選手権神奈川大会の開会式(横浜スタジアム)で、主将の藤崎大地が初めて選手宣誓を果たす。

沿革[ソースを編集]

  • 1961年 - 麻布獣医学園渕野辺高等学校として設立。
  • 1985年 - 麻布大学附属渕野辺高等学校に名称変更。
  • 2014年4月1日 - 麻布大学附属高等学校に名称変更。

特色[ソースを編集]

  • 入学希望者向けの説明会では麻布大学への入学が有利になるという説明がなされるが麻布大学への進学率は10%に留まっている(2015年卒業生)。獣医学部への進学に関しては毎年5名程度が合格している。かつて麻布大学への進学希望者を集めた麻布コースが存在していたが現在では廃止されている。附属高校であるが麻布大学への無条件な推薦はなく、特別入試という方で内部選抜を行っている。なお附属高校生は2・3年次の選択授業で大学の教育に触れる機会がある。動物に触れる機会はカリキュラム上では無い。しかし、獣医を志望している生徒も数名いる。


  • 馬術部が存在するが、日常の授業で乗馬は存在しない。高校生は馬術部員・学祭の日をのぞいて立ち入りが制限されている。馬場の様子は生垣や塀に囲まれ、中の様子は学内でもあまり知られていなかったが、現在は大学正門付近に移築され、活動をつぶさに見ることが出来る。

立地・環境[ソースを編集]

  • 校舎は1号棟、2号棟、3号棟がある。実は1号棟の方が2号棟より新しく、2005年に建てられた。主にホームルーム教室として使用されているが、2015年の入学生徒が500名を越え、旧校舎である2号棟の一部の特別教室をホームルーム教室として利用した。食堂、購買は1号棟にある。2016年高校グラウンド1号棟側の敷地に3号棟が竣工し、更なる生徒数増加による教室不足を解消した。3号棟には、1号棟と同じくエレベーター・多目的トイレが完備されている。
  • 高校公式HPにある体育施設である麻布獣医学園アリーナ・総合グラウンドは大学と共用の施設である。アリーナは、バスケットコート2面分で、バドミントンコートは大会時には6面とることができる。総合グラウンドは、サッカーコート1面分に、ややあまる分の大きさで、野球の試合はもちろん、サッカーの公式戦も行われる。大学の施設を高校が借りている、と誤解されることが多いが、どちらも名称の通り「学園」の施設である(校舎は明確に大学と高校が分かれている)。また、グラウンドとアリーナは、時間における占有率としてはむしろ高校の方が多い。また、高校グラウンドは新校舎竣工のため面積は半分ほどとなり、大きさは内野一面分(35m四方)となっている。
  • 来場者の増加に対応するため、入学希望者とその保護者を対象とした説明会にはアリーナが利用される。生命・環境科学部棟内に高大共用教室が設けられており、7限セミナーや夏期講習などで利用されている。
  • なお、教室の清掃に関しては生徒が行い、清潔度は着任する教諭の指導力に大きく左右される。その他の施設(トイレなど)は、専門の業者が入っている。

生徒数と学科[ソースを編集]

  • 1年13クラス、2年13クラス、3年9クラス、(2016年6月現在)
  • 学科は普通科のみで、理系特進クラス、理系進学クラス、文系特進クラス、文系進学クラスがある。
  • 体育コースについては普通クラスへの受け入れ移行により、平成26年4月から生徒募集を停止した。
  • 教員組織の改革も進んでおり重要ポストに30代教員を積極的に登用。生徒募集をこれまでの部活動重視による姿勢を見直し、進学重視への姿勢に切り替えて新しい制度が確立されつつある。結果は過去3年間で難関大学への実績を2.1倍に伸ばしている。かつては公式HP等に塾を兼ねた高校を目指しているとしてあったが予備校を通わずして難関私立大学や国立大学への入学は困難を極める。さらに進学準備と称する進路の決まっていない浪人フリーターが全体の10%に登ること。そして一学年が入学してから卒業するまでに発生する30名程の退学者数が今後の課題となっていたが、入学条件における、中学での欠席日数を厳しくしたことから大きく改善されている。

交通[ソースを編集]

著名な出身者[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]