高田橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高田橋駅
Meitetsu Takadabashi Station 01.JPG
犬山方面駅舎
たかだばし
TAKADA-BASHI
KG13 手力 (0.6 km)
(1.2 km) 新加納 KG11
所在地 岐阜県岐阜市高田二丁目6-15
北緯35度23分54.08秒 東経136度48分42.69秒 / 北緯35.3983556度 東経136.8118583度 / 35.3983556; 136.8118583 (高田橋駅)座標: 北緯35度23分54.08秒 東経136度48分42.69秒 / 北緯35.3983556度 東経136.8118583度 / 35.3983556; 136.8118583 (高田橋駅)
駅番号 KG  12 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 各務原線
キロ程 5.4 km(名鉄岐阜起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
718人/日
-2020年-
開業年月日 1926年大正15年)1月21日
備考 無人駅
管理駅:名鉄岐阜
テンプレートを表示

高田橋駅(たかだばしえき)は、岐阜県岐阜市高田二丁目にある名古屋鉄道各務原線。駅番号はKG12

歴史[編集]

駅構造[編集]

4両編成対応の2面2線相対式ホームを持つ地上駅。6両編成の普通列車の場合は後部2両がドアカットされる。

無人駅で、ホームの下り方端(新鵜沼駅犬山駅方面)から出入りする。駅集中管理システム導入駅(管理駅は名鉄岐阜駅)。ホームは嵩上げされた。河川の単線並列橋梁に近いため上下線の間隔が広がっている。

のりば
番線 路線 方向 行先
1 KG 各務原線 下り 犬山方面[2]
2 上り 名鉄岐阜ゆき[2]

配線図[編集]

高田橋駅 構内配線略図

岐阜方面
高田橋駅 構内配線略図
新那加・
名古屋方面
凡例
出典:[3]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は805人であり、この値は名鉄全駅(275駅)241位、各務原線(18駅)中16位であった[4]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は952人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中227位、各務原線(18駅)中14位であった[5]

名鉄社史および移動等円滑化取組報告書による一日平均乗降人員の推移は以下の通りである。

一日平均乗降人員の推移
年度 一日平均
乗降人員
備考
1992(平成04)年度 952 [5]
2013(平成25)年度 805 [4]
2019(令和元)年度 890 [6]
2020(令和02)年度 718 [7]
2021(令和03)年度 768 [8]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅の南側に373バス(岐阜市コミュニティバス)の「高田橋」バス停がある。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
KG 各務原線
快速急行急行
通過
普通
手力駅(KG13) - 高田橋駅(KG12) - 新加納駅(KG11)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 寺田裕一 『改訂新版 データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2013年、258頁。ISBN 978-4777013364 
  2. ^ a b 高田橋(KG12)(たかだばし) 路線一覧”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  3. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  4. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。 
  5. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。 
  6. ^ 令和元年度 移動等円滑化取組報告書(鉄道駅) (PDF)”. 名古屋鉄道. 2020年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月15日閲覧。
  7. ^ 令和2年度 移動等円滑化取組報告書(鉄道駅) (PDF)”. 名古屋鉄道. 2021年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月15日閲覧。
  8. ^ 令和3年度 移動等円滑化取組報告書(鉄道駅) (PDF)”. 名古屋鉄道. 2022年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]