三柿野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三柿野駅
Mikakino station-1.jpg
駅舎
みかきの
MIKAKINO
KG07 六軒 (1.3 km)
(1.2 km) 二十軒 KG05
岐阜県各務原市蘇原三柿野町891-19
北緯35度24分0.95秒 東経136度52分31.68秒 / 北緯35.4002639度 東経136.8754667度 / 35.4002639; 136.8754667 (三柿野駅)座標: 北緯35度24分0.95秒 東経136度52分31.68秒 / 北緯35.4002639度 東経136.8754667度 / 35.4002639; 136.8754667 (三柿野駅)
駅番号 KG  06 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 各務原線
キロ程 11.2 km(名鉄岐阜起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
4,619人/日
-2021年-
開業年月日 1926年大正15年)1月21日
備考 終日駅員配置駅
テンプレートを表示

三柿野駅(みかきのえき)は、岐阜県各務原市蘇原三柿野町にある名古屋鉄道各務原線である。駅番号はKG06川崎重工業航空宇宙システムカンパニー岐阜工場の最寄駅である。

歴史(年表)[編集]

  • 1926年大正15年)
    • 1月21日 - 各務原鉄道の補給部前駅(ほきゅうぶまええき)として開業。当時は終着駅で、現在地より岐阜方400mの位置にあった[1]
    • 7月7日 - 各務野駅かがみのえき・2代目)に改称。従来の「各務野駅」は「新那加駅」と改称[1]
    • 8月1日 - 各務原鉄道の延伸開業により中間駅となる。
  • 1931年昭和6年)6月27日 - 各務補給部前駅かがみほきゅうぶまええき)に改称し現在地に移転[1]
  • 1935年(昭和10年)
    • 3月28日 - 合併により名岐鉄道の駅となる。
    • 8月1日 - 社名変更により名古屋鉄道の駅となる。同時に航空廠前駅(こうくうしょうまええき)に改称[2]
  • 1938年(昭和13年)12月1日 - 防諜のため三柿野駅(みかきのえき)に改称[2]
  • 1945年(昭和20年)6月22日 - 各務原空襲により駅舎被災[3]
  • 1958年(昭和33年) - 駐留軍側線廃止[4]
  • 2007年平成19年)3月14日 - 共通SFカードシステムトランパス導入。これに備えて駅舎を改築。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2012年(平成24年)2月29日 - トランパス供用終了。
  • 2021年令和3年)5月22日 - ダイヤ改正に伴い、当駅を発車するミュースカイがなくなる。

駅構造[編集]

6両編成対応の1面1線の単式ホームと1面2線の島式ホームがある2面3線のホームを持つ地上駅で、下りに向かって左(北)側から1番線(単式)、2番線、3番線(島式)となっている。1番線は名鉄岐阜駅方面に折り返しでき犬山駅方面にも進出できる。2番線・3番線はそれぞれ下り・上りの本線。各務原線内の途中駅で唯一折り返しが可能な駅(但し犬山駅方面に折り返す場合は、3番線から一度六軒駅寄りの上り本線にて折り返してから1・2番線に据え付ける入換作業の必要がある)。有人駅である。改札口は1番線の六軒駅寄りの端に1箇所ある。

かつては陸軍各務原飛行場(現在の航空自衛隊岐阜基地)への専用線(後の駐留軍側線)があり、JR高山本線 那加駅各務原線 新那加駅との間の連絡線を経由して貨物輸送が行なわれていた。戦後のアメリカ軍占領時代には、DED8500形が使用され、占領軍専用ではあったが、旅客輸送も行なわれたという。

のりば
番線 路線 方向 行先 備考
1 KG 各務原線 下り 犬山方面[5]  
上り 名鉄岐阜ゆき[5] 当駅折り返し
2 下り 犬山方面[5] 本線
3 上り 名鉄岐阜ゆき[5]

配線図[編集]

三柿野駅 構内配線略図

新那加・
岐阜方面
三柿野駅 構内配線略図
新鵜沼・
名古屋方面
凡例
出典:[6]


ダイヤ[編集]

2003年平成15年)3月のダイヤ改正までは犬山発着の列車は当駅で種別変更をしていた(犬山行きは急行に、岐阜行きは普通になっていた。現在は新那加駅で種別を変更する)。現在も最終の普通岐阜行きは当駅から急行になる。また、各務原線内の駅では唯一待避線があるため、かつては当駅で下り急行が普通を追い越していた(上り列車は待避不可)。現在のダイヤでは列車の追い越しは行われていないが、臨時列車が運転される場合、当駅での追い越しが行われることがある。

折り返し列車の設定[編集]

平日朝に6:12発の当駅始発の東岡崎行き普通が1本設定されている。この列車は2011年(平成23年)3月のダイヤ改正以前は本宿行きで、5300系または5700系4両編成で運転されていた。現在は3500系等で運転されている。土休日朝には7:11発の当駅始発の岐阜行き普通が1本設定されている。また、2008年(平成20年)12月27日のダイヤ改正までは全日とも夕方に毎時1-2往復程度、当駅と名鉄岐阜駅との間で折り返し運転を行う普通列車が設定されていた。更に昔は新岐阜駅 - 当駅の間に準急が毎時1本走っていた。また、常滑方面行きの特急(後の高速)の停車駅でもあった。そして、2021年令和3年)5月のダイヤ改正まで、朝の下り(名鉄名古屋駅方面)の1本のみ6:34発の当駅始発ミュースカイが存在した。この列車は1番線からの発車で、前日の夜に新鵜沼駅から回送され、犬山駅4番線で新可児からの編成と増結していた。上り列車の設定はない。

2021年(令和3年)10月30日のダイヤ改正で全日とも日中は名鉄岐阜駅からの半数の普通が当駅の1番線で折り返すようになり、犬山方面への列車は毎時2本に半減した。また、日中は急行の運行がなくなっている。

航空祭輸送[編集]

当駅に隣接している航空自衛隊岐阜基地では、毎年に航空祭が行われ、大勢のファンが訪れる。この日の午前中に限り、通常は新鵜沼駅で折り返す快速特急・特急・ミュースカイ・急行が当駅まで延長運転され、同イベントの重要な交通手段となっている。また、かつては広見線系統の急行も行先を「犬山経由岐阜」に変更して、毎時4本運行していた(広見線利用者は犬山より広見線区間運転の普通に乗り換えとした)が、現在は主に三柿野~犬山(岐阜)間の普通列車の増発や定期列車の増結で対応している。

利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は4,915人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中86位、各務原線(18駅)中3位であった[7]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は4,123人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中112位、各務原線(18駅)中6位であった[8]

『岐阜県統計書』『各務原市統計書』『統計書かかみがはら』によると、年間乗車人員、年間乗降人員、一日平均乗降人員の推移は以下の通りである。

乗車人員・乗降人員の推移
年間統計一日平均
乗降人員
備考
乗車人員乗降人員
1955(昭和30)年度5890061174274[9]
1956(昭和31)年度9243501846060[10]
1957(昭和32)年度10010281998242[11]
1958(昭和33)年度10560592108455[12]
1959(昭和34)年度10517652098251[13]
1960(昭和35)年度11049412198707[14]
1961(昭和36)年度11611892300531[15]
1962(昭和37)年度12181282417167[16]
1963(昭和38)年度11523542301520[17]
1964(昭和39)年度11485232300717[18]
1965(昭和40)年度11153192237630[19]
1966(昭和41)年度10329792070414[20]
1967(昭和42)年度10371702074993[21]
1968(昭和43)年度11174852229938[22]
1969(昭和44)年度11580002304000[23]
1970(昭和45)年度11540002291000[23]
1971(昭和46)年度10750002135000[24]
1972(昭和47)年度10960002172000[24]
1973(昭和48)年度10880002154000[24]
1974(昭和49)年度10850002140000[25]
1975(昭和50)年度9840001947000[26]
1976(昭和51)年度9210001838000[26]
1977(昭和52)年度9420001878000[27]
1978(昭和53)年度9259441844000[27][28]
1979(昭和54)年度9416491873000[29][30]
1980(昭和55)年度9682691928000[31][32]
1981(昭和56)年度9483661888000[31][33]
1982(昭和57)年度9114831815000[31][34]
1983(昭和58)年度9556711902000[35][36]
1984(昭和59)年度8270491651000[37][38]
1985(昭和60)年度8218281639000[39][40]
1986(昭和61)年度8528181700000[39][41]
1987(昭和62)年度8389611669000[39][42]
1988(昭和63)年度8265381645000[39][43]
1989(平成元)年度8519021695000[44][45]
1990(平成02)年度8204991634000[44][46]
1991(平成03)年度78214515586664307[47]
1992(平成04)年度74821714909294123[47]
1993(平成05)年度73088514558174025[47]
1994(平成06)年度74275214782714088[47]
1995(平成07)年度83085616553514579[47]
1996(平成08)年度82941416567314586[47]
1997(平成09)年度82569216448754556[48]
1998(平成10)年度82406016390544538[49]
1999(平成11)年度79881915917174404[49]
2000(平成12)年度75886215122344189[49]
2001(平成13)年度74930314934184136[49]
2002(平成14)年度81138016159274476[49]
2003(平成15)年度82620916462044557[50]
2004(平成16)年度78585215669664339[50]
2005(平成17)年度78840215723704356[50]
2006(平成18)年度81674916276844510[50]
2007(平成19)年度81641016271684506[51]
2008(平成20)年度82232016394554541[51]
2009(平成21)年度80594016094104459[51]
2010(平成22)年度81908116372914535[52]
2011(平成23)年度80879916204914486[52]
2012(平成24)年度83633616758354644[52]
2013(平成25)年度88081118639104913[52]
2014(平成26)年度88830817777094927[52]
2015(平成27)年度91242618274405063[53]
2016(平成28)年度93565718734505191[54]
2017(平成29)年度93420418732865190[54]
2018(平成30)年度92456218482505122[54]
2019(令和元)年度92617918494065124[54]
2020(令和02)年度81720616332624531[54]

斜体の値は千人単位(千人未満四捨五入)

付近にはJR高山本線の蘇原駅が近接しているが公共の大型施設・大型企業や学術機関などの施設が多く点在している影響と運転本数でも高山線より多い事などから、各務原線の駅では名鉄岐阜駅新鵜沼駅に次いで利用者が多い。この駅より西側の駅から名古屋方面へは名鉄岐阜駅経由の方が早いために乗客の流動が変わる。

駅周辺[編集]

当駅は狭い生活道路に面している。駅前には国道21号の高架橋が通っている。

主な施設[編集]

バス[編集]

岐阜バス

※ いずれも平日のみの運行。

各務原市ふれあいバス 稲羽線

※ 年末年始(12月29日~1月2日)は運休。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
KG 各務原線
快速急行急行
六軒駅 (KG07) - 三柿野駅 (KG06) - 名電各務原駅 (KG04)
普通
六軒駅 (KG07) - 三柿野駅 (KG06) - 二十軒駅 (KG05)

※ 通常ミュースカイ・快速特急・特急・準急の設定はない。ミュースカイ・快速特急・特急が臨時運行される場合、次の停車駅は新鵜沼駅となる(名鉄岐阜方面へはミュースカイ・快速特急・特急は臨時運行されない。準急の停車駅は快速急行・急行に準ずる)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]


  1. ^ a b c 日本鉄道旅行地図帳 追加・訂補 7号 東海 - 鉄道フォーラム
  2. ^ a b 今尾恵介(監修)日本鉄道旅行地図帳』 7 東海、新潮社、2008年、51頁。ISBN 978-4-10-790025-8 
  3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、972頁。 
  4. ^ 清水武、田中義人、澤内一晃 『名古屋鉄道の貨物輸送』フォト・パブリッシング、2021年、268頁。ISBN 978-4802132701 
  5. ^ a b c d 三柿野(KG06)(みかきの) 路線一覧”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  6. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  7. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。 
  8. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。 
  9. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和30年』、岐阜県、1957年、10 運輸・通信
  10. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和31年』、岐阜県、1958年、11 運輸・通信
  11. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和32年』、岐阜県、1959年、12 運輸・通信
  12. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和33年』、岐阜県、1960年、12 運輸・通信
  13. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和34年』、岐阜県、1961年、12 運輸・通信
  14. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和35年』、岐阜県、1962年、12 運輸・通信
  15. ^ 岐阜県総務部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和36年』、岐阜県、1963年、12 運輸・通信
  16. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和37年』、岐阜県、1964年、12 運輸・通信
  17. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和38年』、岐阜県、1965年、12 運輸・通信
  18. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和39年』、岐阜県、1966年、270頁
  19. ^ 岐阜県企画管理部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和40年』、岐阜県、1967年、276頁
  20. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和41年』、岐阜県、1968年、256頁
  21. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和42年』、岐阜県、1969年、286頁
  22. ^ 岐阜県企画開発部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和43年』、岐阜県、1970年、278頁
  23. ^ a b 各務原市長公室企画開発課(編)『各務原市統計書 昭和47年版』、各務原市、1972年、47頁
  24. ^ a b c 各務原市市長公室企画調整課(編)『各務原市統計書 昭和54年版』、各務原市、1979年、118頁
  25. ^ 各務原市市長公室企画調整課(編)『各務原市統計書 昭和54年版』、各務原市、1979年、118-119頁
  26. ^ a b 各務原市市長公室企画調整課(編)『各務原市統計書 昭和54年版』、各務原市、1979年、119頁
  27. ^ a b 各務原市企画財政部企画調整課(編)『各務原市統計書 昭和59年度版』、各務原市、1985年、104頁
  28. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和54年』、岐阜県、1980年、11 運輸・通信
  29. ^ 各務原市企画財政部企画調整課(編)『各務原市統計書 昭和59年度版』、各務原市、1985年、104-105頁
  30. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和55年』、岐阜県、1981年、11 運輸・通信
  31. ^ a b c 各務原市企画財政部企画調整課(編)『各務原市統計書 昭和59年度版』、各務原市、1985年、105頁
  32. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和56年』、岐阜県、1982年、11 運輸・通信
  33. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和57年』、岐阜県、1983年、11 運輸・通信
  34. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和58年』、岐阜県、1984年、11 運輸・通信
  35. ^ 各務原市企画財政部企画調整課(編)『各務原市統計書 平成元年度版』、各務原市、1990年、110頁
  36. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和59年』、岐阜県、1985年、11 運輸・通信
  37. ^ 各務原市企画財政部企画調整課(編)『各務原市統計書 平成元年度版』、各務原市、1990年、110-111頁
  38. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和60年』、岐阜県、1986年、11 運輸・通信
  39. ^ a b c d 各務原市企画財政部企画調整課(編)『各務原市統計書 平成元年度版』、各務原市、1990年、111頁
  40. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和61年』、岐阜県、1987年、11 運輸・通信
  41. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和62年』、岐阜県、1988年、11 運輸・通信
  42. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 昭和63年』、岐阜県、1989年、212頁
  43. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 平成元年』、岐阜県、1990年、212頁
  44. ^ a b 各務原市企画財政部企画調整課(編)『各務原市統計書 平成7年度版』、各務原市、1996年、82頁
  45. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 平成2年』、岐阜県、1991年、212頁
  46. ^ 岐阜県企画部統計課(編)『岐阜県統計書 平成3年』、岐阜県、1992年、218頁
  47. ^ a b c d e f 各務原市企画財政部企画調整課(編)『統計書かかみがはら 平成9年度版』、各務原市、1997年、70頁
  48. ^ 各務原市企画財政部企画調整課統計係(編)『統計書かかみがはら 平成11年度版』、各務原市、1999年、72頁
  49. ^ a b c d e 各務原市総務部総務課文書統計係(編)『統計書かかみがはら 平成15年度版』、各務原市、2004年、72頁
  50. ^ a b c d 各務原市総務部総務課文書統計係(編)『統計書かかみがはら 平成19年度版』、各務原市、2008年、64頁
  51. ^ a b c 各務原市総務部総務課統計係(編)『統計書かかみがはら 平成24年度』、各務原市、2013年
  52. ^ a b c d e 各務原市総務部総務課統計係(編)『統計書かかみがはら 平成27年度』、各務原市、2017年
  53. ^ 各務原市役所企画総務部総務課統計係(編)『統計書かかみがはら 令和元年度版』、各務原市、2019年
  54. ^ a b c d e 令和2年度版 統計書かかみがはら (PDF)”. 各務原市. 2022年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]