願い (ATSUSHIの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
願い
EXILE ATSUSHI楽曲
収録アルバム FANTASY
リリース 2010年6月9日
ジャンル J-POP
時間 4分2秒
レーベル Rhythm zone
作詞者 ATSUSHI
作曲者 Arno Lucas, Jerome Dufour
その他収録アルバム

願いの塔/EXILE
SoloEXILE ATSUSHI

FANTASY 収録曲
24karats STAY GOLD
(2)
願い
(3)
掌の砂
(4)
願いの塔 収録曲
Miracle
(3)
願い -Album Version-
(4)
GOING ON
(5)
Solo 収録曲
Another World
(2)
願い -Album Ver.-
(3)
言葉にできない
(4)

願い(ねがい)は、日本シンガーソングライターEXILE ATSUSHIの楽曲[1]である。

概要[編集]

  • 2010年5月19日に「EXILE DIGITAL FANTASY PROJECT」の一環として配信された楽曲[2]
  • 2010年6月9日に発売されたEXILEのダブル・マキシシングル「FANTASY」に収録された。
  • 2011年3月9日に発売されたEXILEの8thアルバム「願いの塔」にはアルバム・バージョンで収録された。また2012年1月1日に発売されたEXILE ATSUSHIソロ名義での初のアルバム「Solo」にも「願いの塔」に収録されているアレンジで収録された。
  • ATSUSHIによると、この楽曲がアルバム「願いの塔」を作るきっかけになったという[3]
  • この楽曲は劇団EXILE第4回本公演「DANCE EARTH〜願い〜」のテーマ曲で、ATSUSHIが「世界中の人々が、地球や人間に対して優しくあってほしい」というメッセージを込めて書き下ろした楽曲である[4]
  • またATSUSHIの1stアルバム「Solo」に「願い -Album Ver.-」が収録されて以来、こちらのアルバムVer.がEXILE ATSUSHI名義での「願い(オリジナルVer.扱い)」となった。
  • プロ野球千葉ロッテマリーンズ福浦和也選手が、打席に入る際の登場曲に同曲を使用している。

詳細[編集]

作詞:ATSUSHI
作曲:Arno Lucas, Jerome Dufour[5]

曲の長さもオリジナルVer.が4分2秒に対し、アルバムVer.が4分11秒と9秒も伸びている。

収録作品[編集]

演奏・披露[編集]

  • EXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY
  • EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜[7]
  • EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 TOWER OF WISH[8]

映像化[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ ただしEXILE名義での作品に収録する際はEXILE名義となっている。
  2. ^ EXILE DIGITAL FANTASY PROJECT スペシャルサイト
  3. ^ EXILE ATSUSHI「Solo」スペシャルサイト
  4. ^ ダブルマキシシングル「FANTASY」スペシャルサイト
  5. ^ ただし「願いの塔」収録のアルバムVer.はオリジナルの2人に加えFabrice Haddad、さらに「Solo」収録の際には「願いの塔」の時の3人に加え佐野健二も作曲に携わっている。
  6. ^ a b c アルバムVer.で収録。
  7. ^ アルバム「願いの塔」に収録されているアレンジで、TAKAHIROと2ボーカルで披露。
  8. ^ 言葉にできないいつかきっと…とのメドレー(ピアノでの弾き語り)で披露。

関連項目[編集]