錦岡牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社錦岡牧場(にしきおかぼくじょう)は、北海道新冠郡新冠町に所在する競走馬生産牧場。創業者一族の名義で競走馬の所有も行う、広義のオーナーブリーダーである。屋号「やまにんべん」を短縮した「ヤマニン」という冠名を使用している。

概要[編集]

1955年、土井商事社長の土井重雄が北海道苫小牧市錦岡に39ヘクタールの土地を購買し、錦岡牧場を創設。生産馬の多くは土井の所有馬として走り、1972年にヤマニンウエーブ天皇賞(秋)に優勝、八大競走を初制覇した。1979年より牧場を新冠町に移転し、これに伴い土井睦秋が経営を後継する。この頃より一時生産馬が低迷するが、ビッグレッドファーム社台グループメジロ牧場などの協力により経営・生産ノウハウを確立し、1980年代後半頃より再び活躍馬を輩出、1993年には生産馬ヤマニンゼファーが3つの年度表彰タイトルを受賞した。

1973年に静内町に設立されていた同族のヤマニンベン牧場を、2001年に吸収統合。同場の最終世代からは2003年度のJRA賞最優秀2歳牝馬ヤマニンシュクルが生まれ、一族としてゼファー以来10年振りのGI競走優勝を果たしている。

主な生産馬[編集]

苫小牧市産[編集]

新冠町産[編集]

ヤマニンベン牧場産[編集]

おもな繋養牝馬[編集]

※錦岡牧場生産ではない馬のみ列記する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯42度22分3.3秒 東経142度20分53.1秒