鋏角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鋏角(きょうかく)とは、節足動物のうち鋏角類に特有の第一付属肢であり、他の節足動物が持つ大顎の様に餌を掴む用途で用いられる。名前通り主にはさみ型の附属肢だが、クモなどにはナイフ型の鋏角を持つ。

大顎類との関係[編集]

ホメオティック遺伝子の解析や解剖学的知見によると、鋏角は口前葉の次の第1体節から生え、この体制に従って同じ節からなる大顎類の第1触角に相同と思われる。一方、第1体節は退化し、すなわち鋏角は第2体節から生え、甲殻類の第二触角に相同する説もある[1]

類型[編集]

鋏角は大きく分けて以下の三種へと分類される[2]

三種類の鋏角の形。A:折りたたみ式ナイフ型・B:はさみ型・C:3節はさみ型

3節はさみ型鋏角[編集]

原始的な形状の鋏角であり、サソリザトウムシダニコヨリムシ、またカブトガニ綱の鋏角類にも見られる。 ウミグモ類の持つ鋏肢(きょうし)という鋏角の相同器官と思われる附属肢はこのタイプに加えられるとも言われている。

はさみ型鋏角[編集]

2節から構成されるはさみ型の鋏角で、カニムシヒヨケムシに見られる。

折りたたみ式ナイフ型鋏角[編集]

2節から構成され、はさみの形をしていない。 クモとそれに類縁なウデムシサソリモドキなどで見られる。 体軸と平行に動作するタイプ(クモ目中のLiphistiomorphaeやMygalomorphae、ウデムシ目・サソリモドキ目・ヤイトムシ目に見られる)と、 体軸と直角に動作するタイプがある(クモ目中のAraneomorphae に極めて多い)。 [3]

クモの鋏角[編集]

鋏角(黒)と毒腺(緑)

頭胸部に接続される基部を構成する節と、それに接続される牙状の節から成る。 外側の1節が空洞の牙となっている2節の指に例えられる。 ウズグモ科を除く全てのクモが毒腺を有しており、獲物への噛み付きに伴い牙状節の先端にある開放部を通して毒を打ち込む事ができる。 この毒腺は2節の双方にまたがっており、さらに殆どのクモでは頭胸部内まで張り出している。 クモの口器は一般に獲物である昆虫やその他の節足動物を中毒させる事を想定しており、機能的に注射針と相同なこの牙は標的の皮膚や毛皮、外骨格を貫く。 基部は毒腺の全てか、または一部を包含しており、圧搾する事で毒の量を調節する事ができる。[2] このため獲物の性質によって無毒の噛み付きや全毒を費した噛み付きを使い分ける事が可能。 この分泌量調整はヤマシログモ科に属するクモ等にとって狩りと防衛とで性質の違う毒糸を吐き出す際にも必要となる。

通常、鋏角を成す2節は折りたたまれて一体化しており、威嚇行動や噛み付きの準備段階になると展開、鋏角の基部も開く。 タランチュラやMygalomorphaeなどの場合、1対の牙状部位先端の水平方向への展開距離はあまり変わらないがその他のクモでは持ち上げ動作と共に互いに大きく離れる。 比較的大型のクモの牙状節の先端は鋭く、クモの体自体も肉へ牙を打ち込む事に適応している。 シドニージョウゴグモなど一部の種の噛みつきは、やわらかい革靴や足の爪を貫通するとも報告されている。

関連条目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Neural Markers Reveal a One-Segmented Head in Tardigrades (Water Bears)
  2. ^ a b Rainer F. Foelix (1996). Biology of Spiders (2nd ed.). Oxford University Press. ISBN 0-19-509594-4. 
  3. ^ S. L. Zonstein (2004). The spider chelicerae: some problems of origin and evolution. In D. V. Logunov & D. Penney. “European Arachnology 2003” (PDF). Arthropoda Selecta (Special Issue no. 1): 349–366. http://www.european-arachnology.org/proceedings/21th/349_366_Zonstein.pdf.