カニムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カニムシ
Ar 1.jpg
Chelifer cancroides
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 鋏角亜門 Chelicerata
: クモガタ綱 Arachnida
: カニムシ目
Pseudoscorpiones
学名
Pseudoscorpiones
Haeckel, 1866
シノニム
  • Pseudoscorpionida
  • Chelonethida
和名
カニムシ(蟹虫)

カニムシ(蟹虫、pseudoscorpion)は、鋏角亜門クモガタ綱カニムシ目Pseudoscorpiones)に属する節足動物の総称である。ほとんどは数mm程度以下の微小動物であり、触肢は大きな鋏となる。尾のないサソリのような姿をしているが、サソリとは別系統である。[1]

特徴[編集]

カニムシの側面、背面と腹面。I:鋏角、II:触肢、III-VI:脚、o:眼(側面図)、prae-gen:後体第1節、1:腹部第2節および生殖口蓋、2と3:腹部第3-4節および気門、10と11:腹部第11-12節、an:肛門

体は円筒形、楕円形で、前体と後体の間がくびれない。全身の外形は、尾のないサソリを彷彿とさせる。4対の歩脚と、最大の特徴である一対の状の触肢を持つ。触肢は大きいものでは体長と同じくらいの長さがあり、先端近くには感覚毛がはえている。この触肢を前方に延ばしてそろそろと歩き、何かにぶつかると、触肢を体に引き付けて、すっ飛ぶように後退する。その姿が印象的なためか、「アトビサリ」等の別名がある。

中には口元の鋏角から糸を出せるものがあり、それを用いてを作る。

外部形態[編集]

体は大きく前体(頭胸部)と後体(腹部)に分かれる。両者の間には、はっきりした境目はあるが、著しいくびれはない。他のクモガタ類と同様、前体は鋏角1対・触肢1対・脚4対という計6対の付属肢関節肢)をもつ。

前体はおおよそ長方形から三角形の背甲に覆われる。その前方側面にがある。眼は単眼で2対もしくは1対をもち、無眼のものがある。腹面は触肢と脚の基部(基節)によって占められ、左右のそれが正中線で合わさっているため、その間には腹板がない[2]

カニムシの1種の正面。鋏角触肢が写る。

体の前端には鋏角がある。鋏角は2節で、鋏を構成する[2]。鋏は縦に動き、不動指は背面側、可動指は腹側にある。大きさは様々で、ツチカニムシ類では頭胸部とほとんど同長なくらいに大きいが、他のものでははるかに小さい。鋏角には紡績腺があるものが多いが、その位置は様々である。

触肢はよく発達したになり、この動物のとても目立つ特徴となっている。触肢は左右に広がり、その先で前に曲がって、先端に大きな鋏を持つ。この鋏には、長い感覚毛があり、これを触角のように用いると同時に、獲物を捕獲するのにも用いる。この触肢には毒腺があり[3]、捕えた獲物を麻痺させる他、性的二形があり、雌のものが大きいとも言われるが、その差は大きくない。

触肢の後方には4対の脚(歩脚)が配置する。前の二対は前を、後方の二対は後ろを向く。その構造は前二対、後ろ二対がそれぞれに似ていて、いずれも後方の方がよく発達している。

後体(腹部)はほぼ卵形で、付属肢はない。12節からなるが、最後の体節は腹面に曲がって肛門周辺を構成する[2]。背面と腹面は、それぞれに独立した背板と腹板に覆われるが、それぞれが正中線で左右に分かれることが多い。生殖孔は腹面第2節の生殖口蓋に開く。

内部形態[編集]

消化系は、から肛門に至る消化管であるが、その側面に伸びる腸腺が最も大きい。その先端は鋏角の間に開き、その最前方は口前部といわれる。その中に口が開く。その内側に咽頭があり、そこから後方に細い食道が続く。その後方で左右に広がる腸腺がある。腸腺はキチン質の裏打ちがあって、左右に分かれて後方に伸び、さらに外側にいくつもの膨らみを持つ。後体の背板の下は、ほぼこの腸腺に占められる。この後方には、細い小腸が伸び、体内で一度折り返して前に伸び、さらにもう一度折り返して、肛門に続く。

神経系は、前体部に大きな集中部があり、これは食道上神経塊と食道下神経塊からなる。

呼吸系としては、気管系があり、その開口である気門は、後体第3と第4節[2]の腹面の左右に開く。

排出器としては、基節腺coxal gland)、腎嚢などがある。

生態[編集]

ガガンボの脚を掴むカニムシ

カニムシは、主として土の中に生息する土壌生物である。やや大柄なものは、石をめくればその裏面にいるのが見られる。小型のものは、野外で採集するのはほとんど不可能で、土壌動物を採集するための装置が必要になる。イソカニムシは、海岸性の大型種で、岩礁海岸潮上帯で、岩のすき間や割れ目の間に住んでいる。樹上生活を行う種もいる[4]

鋏が目立つことでもわかるように、捕食性の動物であり、より小型の動物、トビムシなどを餌にしている。土壌動物としては、密度はさほど高くないが、重要な肉食者である。餌を求めて歩くのではなく、鋏状の触肢に獲物が触れるまで待つ。

昆虫などの脚を掴み、またはその身に乗って便乗する習性が知られる。

分類[編集]

多くのクモガタ類と同様、クモガタ綱におけるカニムシの系統的位置ははっきりしない。かつては形態学(2節からなるはさみ型の鋏角・膝節のない脚・腹板のない前体・気門の位置など多くの共通点)に基づいてほぼ疑いなくヒヨケムシの姉妹群と考えられてきた(Haplocnemata または Apatella をなす)[5]。しかしこれは分子系統解析に否定的とされ、代わりに不確実であるものの、サソリ、もしくはサソリと四肺類クモウデムシサソリモドキヤイトムシ)からなる単系統群(蛛肺類)に類縁であることを示唆する解析結果が挙げられる[5]

下位分類[編集]

以下のが知られる(和名は日本分類学会連合による[6])。

  • ツチカニムシ科 Chthoniidae
  • Lechytiidae
  • オウギツチカニムシ科 Pseudotyrannochthoniidae
  • ケブカツチカニムシ科 Tridenchthoniidae
  • Feaellidae
  • Pseudogarypidae
  • Bochicidae
  • Gymnobisiidae
  • Hyidae
  • Ideoroncidae
  • コケカニムシ科 Neobisiidae
  • Parahyidae
  • ツノカニムシ科 Syarinidae
  • イソカニムシ科 Garypidae
  • Garypinidae
  • リクイソカニムシ科 Geogarypidae
  • Larcidae
  • Menthidae
  • サバクカニムシ科 Olpiidae
  • ウデカニムシ科 Cheiridiidae
  • Pseudochiridiidae
  • Sternophoridae
  • メクラカニムシ科 Atemnidae
  • カニムシ科 Cheliferidae
  • ヤドリカニムシ科 Chernetidae
  • イボカニムシ科 Withiidae

出典[編集]

  1. ^ 以下、全般的には内田監(1966)、p.61-90.による。
  2. ^ a b c d Lamsdell, James C.; Dunlop, Jason A.. “Segmentation and tagmosis in Chelicerata” (英語). Arthropod Structure & Development 46 (3): 395–418. ISSN 1467-8039. https://www.academia.edu/28212892/Segmentation_and_tagmosis_in_Chelicerata. 
  3. ^ Krämer, Jonas; Pohl, Hans; Predel, Reinhard (2019-04-15). “Venom collection and analysis in the pseudoscorpion Chelifer cancroides (Pseudoscorpiones: Cheliferidae)”. Toxicon 162: 15–23. doi:10.1016/j.toxicon.2019.02.009. ISSN 0041-0101. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0041010119300509. 
  4. ^ 佐藤英文、「トゲヤドリカニムシの生活史について」『Acta Arachnologica』 1978-1979年 28巻 1号 p.31-37, doi:10.2476/asjaa.28.31, 日本蜘蛛学会
  5. ^ a b Dunlop, Jason; Garwood, Russell J. (2014-11-13). “Three-dimensional reconstruction and the phylogeny of extinct chelicerate orders” (英語). PeerJ 2: e641. doi:10.7717/peerj.641. ISSN 2167-8359. https://doi.org/10.7717/peerj.6411. 
  6. ^ カニムシ目 Pseudoscorpionida - 日本産生物種数調査 - 日本分類学会連合”. www.ujssb.org. 2019年9月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 内田亨監修 『動物系統分類学』第7巻(中A)「真正蜘蛛類」、中山書店。