繁殖行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
配偶行動から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

繁殖行動(はんしょくこうどう、reproductive behavior)とは、動物の行動のうち、自分の子を残す機能を持つものを指す。英語では「繁殖」を "reproductive behavior" と表すが、名詞化した "reproduction" は、人の場合は「生殖」という表現をする。

繁殖行動は、配偶相手を探し関係を持つことを確認する求愛行動(きゅうあいこうどう)、配偶子のやりとりを行う配偶行動(はいぐうこうい)、生まれた子を育て守るための保育行動(ほいくこうどう)などに区別することができる。

多くの動物には繁殖期という、繁殖行動が頻繁化する一定の時期があり、繁殖への準備ができている状態を発情という。発情は季節の変化を刺激として起こる場合、異性個体の接近や仕草など社会行動を通して起きる場合に分けられる。人間の発情はおおむね後者に含まれる。

関連項目[編集]