金野定吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金野 定吉
こんの さだきち
生年月日 1910年7月
出生地 山形県飽海郡高瀬村樽川
没年月日 1986年3月2日
死没地 東京都大田区
出身校 高瀬村尋常高等小学校
前職 東京市職員
所属政党 社会大衆党、日本社会党
称号 従五位勲四等瑞宝章

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧山形2区
当選回数 1回
在任期間 1947年 - 1948年
テンプレートを表示

金野 定吉(こんの さだきち、1910年(明治43年)7月 - 1986年(昭和61年)3月2日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員(1期)。山形県開発事業協会理事長。1986年従五位勲四等瑞宝章[1]

来歴・人物[編集]

山形県飽海郡高瀬村樽川(現・遊佐町)に生れる。尋常高等小学校卒業後、上京。東京市職員となる。 市職員組合に入るとともに社会大衆党に入党。深川支部に所属し役員を務めた後、深川区会議員に推される[2]

戦後の1947年第23回衆議院議員総選挙に郷里の山形2区から日本社会党公認で出馬。初当選する[2]

1986年3月2日、心不全のため東京都大田区の病院で死去。75歳没[3]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』1986年3月19日
  2. ^ a b 『新編庄内人名辞典』p.301
  3. ^ 『読売新聞』1986年3月4日

参考文献[編集]

  • 庄内人名辞典刊行会編『新編庄内人名辞典』 庄内人名辞典刊行会、1986年。