金櫻神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金櫻神社
Kanazakura shrine №1.JPG
拝殿
所在地 山梨県甲府市御岳町2347
位置 北緯35度46分9.95秒
東経138度33分21.8秒
座標: 北緯35度46分9.95秒 東経138度33分21.8秒
主祭神 少名彦命
大己貴命
須佐之男命
日本武尊
櫛稲田媛命
神体 金峰山神体山
社格 式内社(小)論社
県社
創建 (伝)雄略天皇
本殿の様式 三間社流造
例祭 4月21日22日
地図
金櫻神社の位置(山梨県内)
金櫻神社
金櫻神社
テンプレートを表示

金櫻神社(かなざくらじんじゃ)は、山梨県甲府市御岳町(みたけちょう)2347番地に鎮座する神社である。

概要[編集]

市域北部、荒川上流の山間部に位置する。幕末までは蔵王権現と呼ばれ、慶応4年(1868年)の由来書で「金櫻神社」と称している。雄略天皇時代に金峰山に本宮として創建されたとされる山岳信仰の神社で、金峰山信仰(御嶽信仰)の中心神社。周辺には新式や御師屋敷や宿坊があり、御岳村は門前町を形成した。神体は、高さ20メートルの花崗岩質からなる五丈岩。祭神は少名彦命(スクナビコナ)、大己貴命(大国主)、須佐之男命(スサノオ)、日本武尊(ヤマトタケル)、櫛稲田媛命(クシナダヒメ)。御神宝は水晶

歴史[編集]

創建[編集]

社記によれば、本宮は景行天皇40年にヤマトタケルが東征の帰路に参詣し、甲斐国造塩海宿禰に社殿の造営を命じたという。雄略天皇10年、神勅により御岳山に社殿が造営。大宝2年(702年)には大和国金峰山から蔵王権現金精大明神が勧請され、それぞれ本宮と中宮に合祀された。

概史[編集]

焼失前、明治45年(1912年)頃に撮影された金桜神社
昭和初期の神楽殿(左側)と拝殿(右側)[1]

古代には甲斐国司が参詣し、空海は自筆経文を奉納したという。甲斐武田氏の祈願所として崇拝され、始祖の逸見清光が中宮社殿を再建したという。鎌倉時代には幕府執権北条時頼大般若経を奉納し、日蓮も法華経を奉納したという。御像石の頂からは「甲斐派美」と呼ばれる湧水が湧き、甲府市域を流れる荒川や相川をはじめ、武蔵国多摩川信濃国千曲川の水源とも信じられていたため、耕作守護神としての信仰も集め祈雨祭祀が行われた。

江戸中後期には関東・中部地方において秩父地方の三峯神社や奥多摩の武蔵御嶽神社を中心にニホンオオカミ眷属とする眷属信仰が興隆するが、狼信仰の信仰圏に含まれる甲斐山間部において金桜神社は上野原市王勢籠神社とともに狼信仰の神社として知られ、金桜神社では『甲斐国社記・寺記』では日本武尊の案内役を務めたという白狗の説話を紹介しており、これに基づく絵画資料なども存在し現在でも狼札を配布している[2]

境内[編集]

里宮境内の中宮本殿・東宮本殿(ともに1955年焼失)は中世の建築で、年代は不詳であるが室町時代の建立であると考えられている。『甲斐国志』では里宮本宮は武田信義の造営で、中宮本殿は源清光により再建され、東宮本殿は近世に浅野長政に建立されたとしている。

中宮本殿は三間社流造、東宮本殿は方三間・単層の入母屋造の社殿。両本殿とも屋根は檜皮葺で箱棟を載せる。両本殿は1907年に国の重要文化財に指定されたが、昭和30年(1955年)12月18日の火災で両本殿はじめ12棟や伝左甚五郎作の昇竜降竜が焼失しており、現在の朱塗社殿は昭和34年に再建されたものである。伝武田勝頼奉納の能面8面、住吉蒔絵手箱、家紋散蒔絵手箱、筏散蒔鼓胴、武具散蒔絵鼓胴はそれぞれ山梨県指定有形文化財。昇竜降竜は堀友二作のものが奉納されている。また、境内には「鬱金の桜」がある。

例大祭は4月21日から22日で、御岳大神楽が行われている。現在は神域が秩父多摩国立公園に属し、御岳昇仙峡とともに観光名所となっている。

指定文化財[編集]

山梨県指定有形文化財
  • 能面8面(昭和42年8月7日指定)[3]
  • 住吉蒔絵手箱(昭和42年8月7日指定)
  • 家紋散蒔絵手箱(昭和42年8月7日指定)
  • 筏散蒔鼓胴(昭和42年8月7日指定)
  • 武具散蒔絵鼓胴(昭和42年8月7日指定)
甲府市指定文化財(天然記念物)
  • 金桜神社のスギ群(昭和52年3月1日指定)
焼失した重要文化財
  • 中宮本殿(明治40年8月28日指定、昭和30年12月18日焼失)[4]
  • 東宮本殿(明治40年8月28日指定、昭和30年12月18日焼失)[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 甲斐保勝協会編『甲斐勝景写真帳』昭和初期の「金櫻神社神楽殿」昭和7年(1932年)発行、国立国会図書館蔵書、平成29年10月21日閲覧。
  2. ^ 植月学「甲州周辺における狼信仰-笛吹市御坂町に伝わるニホンオオカミ頭骨をめぐって-」『山梨県立博物館研究紀要』(第2集、2008)
  3. ^ 山梨県の文化財リスト(有形文化財・工芸品)(以下4件の出典も同じ)
  4. ^ 文化庁編『新版 戦災等による焼失文化財 20世紀の文化財過去帳』、戎光祥出版、2003、pp.460 - 461
  5. ^ 文化庁編『新版 戦災等による焼失文化財 20世紀の文化財過去帳』、戎光祥出版、2003、p.4461

外部リンク[編集]