野村興児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野村 興兒
のむら こうじ
生年月日 (1944-07-29) 1944年7月29日(74歳)
出身校 京都大学経済学部経済学科卒業
所属政党 無所属

Flag of Hagi, Yamaguchi.svg 萩市長(新)
当選回数 3回
在任期間 2005年3月27日 - 2017年3月26日

Flag of Former Hagi Yamaguchi.png 萩市長(旧)
当選回数 3回
在任期間 1993年 - 2005年
テンプレートを表示

野村 興兒(のむら こうじ、1944年7月29日 - )は、日本の政治家、元大蔵官僚山口県萩市長を新旧あわせて6期務めた。

2018年4月に至誠館大学の学長に就任。[1]

来歴[編集]

山口県萩市出身。河村建夫山口県立萩高等学校の2年先輩。

1967年京都大学経済学部経済学科を卒業し、同年大蔵省に入省。主計局調査課に配属。同期に伏屋和彦黒田東彦(日銀総裁)、山口公生(銀行局長)などがいる。

略歴[編集]

  • 1967年(昭和42年)3月 - 京都大学経済学部経済学科卒業
  • 1972年(昭和47年)7月 - 鳥取税務署長 
  • 1975年(昭和50年)9月 - ハーバード大学ロースクール留学
  • 1979年(昭和54年)7月 - 主計局主計官補佐
  • 1981年(昭和56年)7月 - 大臣官房企画官
  • 1983年(昭和58年)6月 - 大阪国税局査察部長
  • 1987年(昭和62年)8月 - 主税局税制第3課長
  • 1989年(平成元年)6月 - 主税局税制第2課長
  • 1990年(平成2年)6月 - 国税庁長官官房総務課長
  • 1991年(平成3年)6月 - 福岡国税局
  • 1992年(平成4年)6月 - 国税庁調査査察部長
  • 1993年(平成5年)10月 - 小池春光市長の死去に伴う山口県萩市長選挙に立候補、初当選。
  • 1997年(平成9年)- 山口県萩市長選挙に立候補、再選。
  • 2001年(平成13年)- 萩市長選挙に立候補、3選。
  • 2005年(平成17年)- 新設合併に伴う萩市長選挙に立候補、当選(旧市から通算4選)。
  • 2009年(平成21年)- 萩市長選挙に立候補、再選(旧市から通算5選)。
  • 2013年(平成25年)3月 - 萩市長選挙に立候補、3選(旧市から通算6選)[2]
  • 2017年(平成29年)3月 - 萩市長選に立候補(自民推薦)したが、無所属新人の藤道健二に敗れる[3]
  • 2018年(平成30年)4月 - 至誠館大学学長就任[1]
  • 2018年(平成30年)5月23日 - 至誠館大学に吉田松陰研究所を開設、所長に就任。副所長は広島大学名誉教授の三宅紹宣氏。[4]

脚注[編集]