山田脩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田脩二(やまだ しゅうじ、1939年- )は、日本の写真家、瓦師。兵庫県生まれ。

桑沢デザイン研究所卒業後、1962年からフリーカメラマンとなる。建築や美術の撮影をしながら、同時に日本各地の村や町、新旧が入り交じった都市の風景を絞り撮影し続けた。1970年初頭に雑誌『郡市住宅』の依頼で象設計集団のドーモ・セラカントとドーモ・アラベスカを撮影。

1982年に淡路島に住まいを移し、職業写真家から瓦職人「カワラマン」に、転身したが、象設計集団の作品だけは撮り続けている。

2007年、織部賞受賞。

主な著書[編集]

  • 『山田脩二 日本旅 1961-2010』大崎紀夫編、平凡社、2010年
  • 『山田脩二・日本村 1966-1979』三省堂、1979年
  • 『カメラマンからカワラマンヘ』筑摩書房〈ちくまプリマーブックス〉、1996年
  • 『日本の写真家39 山田脩二』岩波書店、1998年

共著[編集]

  • 『どん行列車の旅 気ままにたずねる心のふるさと』千田夏光文 サンケイ新聞出版局 ディスカバー・ジャパン・ブックス 1973
  • 『京都の記録 第1巻 千年のこころ』林屋辰三郎 撮影 時事通信社 1974
  • 『瓦 歴史とデザイン』小林章男・文、淡交社、2001年