郡上大和駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郡上大和駅
駅舎(2009年10月撮影)
駅舎(2009年10月撮影)
ぐじょうやまと - Gujō-yamato
徳永 (1.4km)
(2.4km) 万場
所在地 岐阜県郡上市大和町剣字小倉
所属事業者 長良川鉄道
所属路線 越美南線
キロ程 57.3km(美濃太田起点)
電報略号 マト
ヤミ(転換前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1932年7月9日[1]
テンプレートを表示
駅構内の様子(北濃方向)
ホームに停車中の3形(303号車)

郡上大和駅(ぐじょうやまとえき)は、岐阜県郡上市大和町剣字小倉にある長良川鉄道越美南線

歴史[ソースを編集]

  • 1932年(昭和7年)7月9日 - 鉄道省国鉄)越美南線 郡上八幡駅 - 当駅間開通と同時に美濃弥富駅として開業[1]。旅客及び貨物の取扱を開始。なお弥富は、後の1955年(昭和30年)に旧郡上郡大和村(後に大和町を経て現・郡上市大和町)が成立するまで存在した弥富村に由来する。
  • 1933年(昭和8年)7月5日 - 当駅 - 美濃白鳥駅間が延伸開業[1]
  • 1961年(昭和36年)6月 - 美濃白鳥駅長の管理となる。
  • 1974年(昭和59年)10月1日 - 貨物の取扱を廃止[1]
  • 1975年(昭和50年)4月 - 業務委託駅となる。
  • 1985年(昭和60年)3月31日 - 無人駅となる。
  • 1986年(昭和61年)12月11日 - 国鉄越美南線の長良川鉄道への転換により同社の駅となる[1]。大和町の中心であることから郡上大和駅に改称[1]。行き違い可能駅となる。

駅構造[ソースを編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅跨線橋はなくホーム間は構内踏切で連絡する。駅舎には喫茶店「喫茶ナガラ」が併設されているが、駅業務は行っていない。ホームは交互に配置され、駅舎側ホーム中央からの構内踏切は、対向ホームの端に繋がる。

駅周辺[ソースを編集]

隣の駅[ソースを編集]

長良川鉄道
越美南線
徳永駅 - 郡上大和駅 - 万場駅

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 長良川鉄道・明知鉄道・樽見鉄道・三岐鉄道・伊勢鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年9月18日、10-11頁。

関連項目[ソースを編集]