関口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関口駅
関口駅の駅舎(改修前)
関口駅の駅舎(改修前)
せきぐち - Sekiguchi
関富岡 (1.5km)
(1.5km) 刃物会館前
所在地 岐阜県関市弥生町
所属事業者 長良川鉄道
所属路線 越美南線
キロ程 9.7km(美濃太田起点)
電報略号 クチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
427人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1952年12月26日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホームの様子

関口駅(せきぐちえき)は、岐阜県関市弥生町にある長良川鉄道越美南線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅

開業時に建設された木造駅舎がある有人駅であったが老朽化が進んで建て替えが必要となり[4]2013年(平成25年)4月から無人駅化された[5]

初代駅舎の跡地には、長良川鉄道が平屋建ての店舗建物を建設して、コンビニエンスストアローソンが賃貸借で入居し、2013年(平成25年)8月23日に営業を開始することになった[4][5]

店内にはプラットホーム側に18席のカウンター席を併設し、待合室の機能を併用する形とされた[4][5]

ただし、店舗の客用出入り口は道路側の1か所のみであり、ホームと直接出入りすることは出来ない構造となった[4]

なお、駐車場部分は駅舎に隣接して関市が所有・運営していた市営駐車場が貸与されたものである[5]

店舗の外壁には長良川鉄道開業当時の車両のイメージが描かれており[5]、「関口駅」の看板が掲げられた(長良川鉄道開業当時の車両はナガラ1型)。

利用状況[編集]

近年の年間の乗車人員は以下の通り。

  • 1999年度 - 年間240,900人 - 660人/日
  • 2000年度 - 年間200,020人 - 548人/日
  • 2001年度 - 年間182,500人 - 500人/日
  • 2002年度 - 年間191,260人 - 524人/日
  • 2003年度 - 年間176,295人 - 483人/日
  • 2004年度 - 年間239,440人 - 656人/日
  • 2005年度 - 年間168,630人 - 462人/日
  • 2006年度 - 年間187,610人 - 514人/日
  • 2007年度 - 年間200,020人 - 548人/日
  • 2008年度 - 年間170,455人 - 467人/日
  • 2009年度 - 年間152,205人 - 417人/日
  • 2010年度 - 年間130,305人 - 357人/日
  • 2011年度 - 年間155,855人 - 427人/日

駅周辺[編集]

駅前の道沿いには銀行や飲食店などの商店が並ぶ。道を北に進むと本町商店街がある。

当駅からサンサンシティマーゴイオン)まで無料のシャトルバスがある。

隣の駅[編集]

長良川鉄道
越美南線
関富岡駅 - 関口駅 - 刃物会館前駅

注釈[編集]

  1. ^ a b 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』26号 長良川鉄道・明知鉄道・樽見鉄道・三岐鉄道・伊勢鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年9月18日、10-11頁。
  2. ^ 『地方自治年鑑 1987年版』 第一法規出版、1987年9月。ISBN 978-4474013513
  3. ^ 長良川鉄道公式Facebookアカウントより
  4. ^ a b c d e “駅舎跡地に待合所・コンビニ 岐阜・長良川鉄道の関口駅” 朝日新聞 (朝日新聞社). (2013年8月14日)
  5. ^ a b c d e “駅舎跡地にコンビニ 長良川鉄道関口駅、23日オープン” 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2013年8月21日)

関連項目[編集]