遺物包含層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遺物包含層(いぶつほうがんそう)とは、土器石器などの考古資料(遺物)が地下の土層中に遺存している状態、もしくはその遺跡のことを指す考古学用語。それ自体が重要な考古資料である。

鹿児島県霧島市上野原遺跡の土層標本。遺物や遺構が含まれる層位が「遺物包含層」にあたる。
青森県青森市三内丸山遺跡の遺物包含層の断ち割り展示。土器片などの遺物が土層断面から突き出している。

概要[編集]

岩陰遺跡洞窟遺跡などにおいて、竪穴住居跡のような有形の遺構が形成されない場合、遺物包含層がそのまま遺跡となる。地表面で確認できる遺物散布地(遺物散列地)に対する語。遺物包含地ともいう。

文化層とも同義であるが、文化層は特に遺構を伴う土層という意味合いを含むことがあるとされる[1]

明治時代から用いられている語であるが、今日では、「後世の撹乱がない遺物を含む土層」という意味合いで用いられることが多い。

考古学と、その主たる研究方法である発掘調査の技術的進歩により確立された、層位学的研究法から生じた概念である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 文化庁 2010, pp. 94.